たった10分で自動車保険が38,730円安くなった方法とは?

インズウェブ:自動車保険一括見積もり請求サービス オンライン見積り結果

このサイトは、「補償をしっかりさせながら自動車保険の相場より安いところを見つけよう」というテーマで運営しています。

 「毎月の出費どうにかならないかな」「もうちょっと家計が楽になればいいんだけど・・・。」という方の参考になれば幸いです。

オダジマも昔トヨタですすめられるまま保険に入り「あれ?この保険料って高いんじゃね?」って思ったんですね。そのままの勢いでCMでやっていたネット自動車保険に加入しました。保険料は、ずいぶん安くなったのですが、もう少し安いところがあるらしいと気がついたわけです。色々調べ始めたことが、このサイトをつくることになったきっかけです。

 

今年の自動車保険はなんと

38,730円安くなりました!!

年間一万キロ以上走るオダジマの保険がこんなに下がりました。

 

自動車保険がそろそろ満期の方、長年同じ自動車保険を契約してる方、安いところがあれば乗り換えたいという方の参考になれば幸いですね。

というわけで自己紹介

私オダジマです。30代前半で未婚。
仕事:車屋でweb屋、下っ端。
愛車は「デミオディーゼル」2015年に購入の新しい車種。
勢いでデミオの新車を買いディーゼルの「軽油」の安さに驚く。

年間一万キロ以上を走るため、保険料はかなり高め。ディーラー保険では13万以上の見積もりでした。毎月の出費を極力減らすために、自動車保険は毎年最安を探し出して比較検討しています。

どうしたら10分で38,730円も安い保険を見つけることができる?

自動車保険の値引きには会社ごとに特色があるんですね。ゴールドだと極端に安くなる・走行距離が多くても安い・20代後半から大幅に値引きがかかる、など保険会社で値引きの特徴がかなり違います。

各社の値引きの特徴に合わせて、自分の走行条件にぴったりの会社を探すことが重要です。それだけで何万円も安い保険料になります。

毎年、自分の条件で見積もりをしてみるのがおすすめです。でも各社に見積もりを出すのはとても面倒。オダジマは見積もりの手間を省くために、10分でできる一括見積もりサービスを利用しています。これだけで年間何万円も得します。

ぴったりの保険を探せる!おすすめの一括見積もりサービスは?

一括見積もりサービスは多数あるのですが、毎年お世話になってるインズウェブが使いやすくて非常におすすめです。一括見積もりの老舗サイトもちろん無料。ものの10分で自分の条件の自動車保険の相場がわかります。車検証と免許証さえあれば10分でチェックできます。

インズウェブは、一括見積もり会社によくある後から勧誘の電話がかかってくることもありません。安全に自動車保険の相場から、最安値まで調べることができるので活用しないと本当に損ですよ!


最大20社から見積もりが取れるサイト

>>自動車保険見積もりのインズウェブ<<

自動車保険の相場の調べ方!インズウェブの利用法!

インズウェブを使うと、たったの10分で相場を調べることができます。入力項目は全6ページ。車検証と免許証さえあればスムーズです。入力が終わると、すぐに結果お知らせメールが届きます。

急ぎの方でも、すぐに年間で何万円も安い自動車保険を見つけることができますよ。

インズウェブの使い方!

まず、インズウェブのサイトに行き、一括見積もりスタートをクリックします。

>>自動車保険見積もりのインズウェブ

インズウェブの1ページ目

自動車保険見積もりやり方01
車の情報を打ち込んでいきます。車検証必須です。一括見積もりに必要な車の型番や形式を打ち込んでいきましょう。

インズウェブの2ページ目

1screencapture-www-insweb-co-jp-auto-web_auto_06-htj-1452009945313__1_

初年度登録について。
これは車検証に書いてます。普通車では初年度登録、軽自動車の場合は初年度検査になります。

使用状況について。主な使用目的は、日常レジャーでオッケー。年間走行距離は正直に答えましょう。大体このくらい乗るなーという距離を入力しす。

インズウェブの3ページ目

2screencapture-www-insweb-co-jp-auto-web_auto_09-htj-1452010114843

車のナンバーを入力します。

契約中の保険会社について。現在契約中の保険会社を入力します。保険の乗り換えは簡単。満期日に合わせて別な会社で契約することで自動で切り替わります。事故を起こした場合は正直に入力しましょう。

保険金の請求件数。これは契約期間内に保険を使った回数を入力します。

インズウェブの4ページ目

3screencapture-www-insweb-co-jp-auto-web_auto_10-htj-1452010213975

運転者の情報について。名前や性別を入力していきます。ゴールド免許などもこのページで入力。契約時にゴールド免許でなければ、割引がつかないので注意!

もう少し!インズウェブの5ページ目

4screencapture-www-insweb-co-jp-auto-web_auto_16_keiyakusha-htj-1452010297065

保険契約者の情報について。きちんとした保険の見積もりになるので個人情報も入力します。インズウェブは勧誘の電話がかかってくることがないので安心ですよ。

これで最後!インズウェブの6ページ目

5screencapture-www-insweb-co-jp-auto-web_auto_16_keiyakusha-htj-1452010506321

ここで、超重要項目来ます。自動車保険のキモです。

対人・対物、搭乗者障害、人身の金額を入力します。この項目はロードサービスよりも重要です。対人と対物だけは最大値がおすすめ。ここだけは手厚く保障を設定しましょう。ここさえ押さえれば大抵の事故に対応できます。

車両保険の種類の設定。車両保険をつける場合は、必ず「一般」がおすすめです。自損や当て逃げにも対応できる一般型を選択します。その分、免責を10万にして保険料を下げましょう。

自動車保険の特約。大きな割引がかかる項目です。家族限定・夫婦限定・本人限定のいずれかを必ずつけます。

運転条件の設定。年齢区分の設定になります。乗る人の中で一番若い年齢を入れましょう。

最後の10。保険に対する希望です。一括見積もりする上で重要な項目。この項目で、保険会社の見積もり先が変わります。

・保障と価格
・とにかく価格
・とにかく保障とサービス
・会社の信頼度、安定性
・その他

一番重視したい事を入れていきましょう!オダジマは「とにかく価格」です。オダジマの見積りの内容は以下にまとめました。参考にしてみてください。

使用目的:日常・レジャー(家庭用)
走行距離:14000〜14999Km
等級:13等級(来年度から14適用)
事故あり係数:なし(奇跡的に無事故無違反ですw)
運転者の情報:32歳男性独身
免許の色:ブルー
免許取り消し処分:なし
対人賠償責任保障:無制限
対物賠償責任保障:無制限
搭乗者障害保障:1.000万
人身障害保障:3.000万
車両保険:有り
車両保険の種類:一般型(エコノミーでは自損は対象外ですよ!)
車両保険の免責金額:10−10
運転者限定特約:家族を希望(家族限定)
運転予定者の中で最も若い年齢:32歳(自分です。親や祖父母が運転できるようにしてます。)
保険を加入する際に重視すること:価格

インズウェブの一括見積結果!

※保険会社名は伏せております。

8screencapture-www-insweb-co-jp-auto-web_auto_30-htj-1452010895940

この内容は、見積もり後すぐにメールで送られてきます。あとは気に入った保険会社を見つけたら、となりにあるボタンをクリックするだけで契約画面へ進めます。ちなみに5分足らずで一括見積りの結果のメールが届きました。

やっぱり安いでしょ!ネット系自動車保険

A社:53290(年額)
B社:49220(年額)
C社:48770(年額)
D社:45220(年額)
E社:57980(年額)

オダジマの自動車保険相場はこんな感じになりました。

安いでしょ?って話ですよ。車両保険つけてこの金額ですよ!すごいですよね。
ディーラーでの自動車保険見積もりは13万だったんですから!

去年と比べて38,730円安くなりました!!

マジかよ!んなアホな!?という気分です。いやあお世話になります!@@@ダイレクトさん。
ちなみに、ロードサービスの差で最安値から2番目の保険会社に決定しました。

この金額で車両保険有りです。車両保険つけるようになったのは新車に買い換えてからです。前回は契約途中で車両保険をつけたのでちゃんとした見積りは今までやってなかったんですね。今年もずいぶん安くなりました。僕の感覚としては車両保険がついたら10万越えみたいなイメージがあったのでとても驚いてます。

オダジマおすすめの自動車保険一括見積もりの保障のポイント

対人賠償責任保障・対物賠償責任保障。この辺はなるべく最大の金額にしておくのが良いです。オダジマとしては、この保障さえしっかりしておけば、本当に深刻な事故に対応できます。

それと、家族限定が付いてます。家族限定<夫婦限定<本人限定の順番で割引率が変わります。割引率の低い家族限定でも5%ほど値引きがかかるので必ずつけましょう。

車両保険は必ず自損に対応できる一般型。その分免責を10万円にします。0-10にすると数万円保険料が上がるので必ず10設定にしましょう。

そもそもオダジマの自動車保険の条件は安いのか?

1万キロ以上走る・32歳・14等級という時点で大変高いですw
ちなみにディーラーでの自動車保険見積もりでは13万という結果でした。

1万キロ走る上に14等級のオダジマの条件だと、自動車保険の一般的な相場より高めになります。なので他の人が見積もりをすればもっと安くなりますよ。

一括見積りで安いところを見つけたら乗り換えって大変?

これはとっても簡単です。満期日で契約が切れますから、その日に合わせて新しい保険会社で契約すればオッケーです。

新車の場合は、乗り出しの日を契約日にしましょう。保険会社にもよりますが、数日前なら余裕で大丈夫です。中古車の場合でも同じです。もちろん新規契約でも一括見積もりができます。

自動車保険の総評!

まずは、条件次第で自動車保険の相場は変わるということ。去年は安いから契約した保険会社でしたが途中から車両保険つけたら高くなってました。車両保険無しでは安くても、車両保険有りなら高い会社だったんですね。

同じ保険会社でもオダジマには安くて他の人には高いってことが有りえます。見積もり内容の会社名を見えないようにしているのは、オダジマは安くても皆さんにとって安いわけじゃないからです。

自分にとっての自動車保険の相場は自分の条件で見積しなければわかりません。

まずは一括見積もりで、自分の走行条件の相場を調べましょう。それが一番安くて、内容が安心できる保険会社を見つける鉄則です。毎月の支払いが厳しいし安くしたい!という方はまずは一括見積りがおすすめです!


オダジマが数年越しで使ってます。

今年は38,730円安くなりました。マジで助かります。

↓ 最安がわかる電話勧誘無しの一括見積もりサイト ↓

>>自動車保険見積もりのインズウェブ<<