体験談!電話勧誘なしの自動車保険 一括見積もりサイトのポイントとは?

体験談!おすすめの電話勧誘なしの自動車保険 一括見積もり

どーもオダジマです。

自分の保険料は高いのか?それは自動車保険の相場を調べると一発でわかります。ぶっちゃけ他の人の値段ってそんなに参考になりません。車種など条件がまるで違いますから。

自分の車で自動車保険の相場を調べると眼から鱗ですよ。こんなに安くなるの?と驚くことまちがいないです。オダジマも毎年驚いてますし。

よく一括見積もりサイトを使ったら電話勧誘とかないの?と聞かれるんですが、電話勧誘一切ないです。

数年越しで使ってますが一回も電話が来たことはないですね。ただ見積もり後にこんな内容ですよーってハガキは一通きます。まあそのくらいですわ。

オダジマが勧めるのはインズウェブという一括見積もりサイトです。僕の自動車保険は新年一発目に更新なんですが、かれこれ四年くらい利用しています。

電話勧誘無しの一括見積もりサイト↓↓↓↓

インズウェブ自動車保険一括見積もり

一括見積もりサイト>>>自動車保険見積もりのインズウェブ

 

一括見積もりサイトインズウェブの使い方!

最初の画面をキャプチャーし忘れましたw

最初は車の情報を打ち込んでいきます。車検証必須です。一括見積もりに必要な車の型番や形式を打ち込んでいきましょう。

 

1screencapture-www-insweb-co-jp-auto-web_auto_06-htj-1452009945313__1_

初年度登録について。

これは車検証に書いてます。普通車では初年度登録、軽自動車の場合は初年度検査になります。これは自動車が組み立てられて初めて登録・検査を受けた年月になります。新車なら別ですが、中古車の場合は購入した年ではないですのでご注意!

使用状況について。まずは車を乗る地域。おそらくですが、北国は事故の可能性が高いので保険料が上がるのかなー?と思います。

主な使用目的について。これは日常レジャーでオッケーです。別な言い方では家庭用という括りもありますね。確か業務用にすると高くなったはずですし、個人の車なので日常レジャー・家庭用でいきましょう!

年間走行距離について。これは正直に答えましょうや。実際走ってみたらオーバーした何てこともあり得ますが大体このくらい乗るなーという距離を入力しましょう。

2screencapture-www-insweb-co-jp-auto-web_auto_09-htj-1452010114843

車のナンバーはそのまま書きましょうか。

契約中の保険会社について。乗り換える場合でも、まずは現在の保険会社を入力しましょう。等級については上がる前の現在の等級で大丈夫ですよー。事故あり係数も正直に答えましょう。ソッコーでバレますから。

保険金の請求件数。これは契約期間内でのことです。一年契約なんで過去1年以内の保険請求の件数を書けばオッケーですよ!

 

3screencapture-www-insweb-co-jp-auto-web_auto_10-htj-1452010213975

 

運転者の情報について。

名前に性別、結婚してるかどうか、免許証の色に契約者との続柄、あとは免停の有無を入力していきます。

ちなみにゴールド免許割引はここで免許書の色を選んで適用となるんですが、契約時点でゴールド免許であることが必要ですよー。

4screencapture-www-insweb-co-jp-auto-web_auto_16_keiyakusha-htj-1452010297065

保険契約者の情報について。

このあたりごまかしたがる人が多いんですが^^; オダジマは何年もこのサイト使ってますが電話きたことなんかないですし、ハガキも見積もり後に案内がくるくらいです。頻繁に毎月くるなんてことありません。というかここでごまかすと本契約の際に打ち直すことになるので淡々と打ち込んでいきましょう。

お車の所有者について

契約者本人かどうか?です。大概本人なんですがw これは父親名義で子供が買った自動車だったりする場合に使います。

5screencapture-www-insweb-co-jp-auto-web_auto_16_keiyakusha-htj-1452010506321

超重要項目来ましたね。自動車保険のキモの部分です。

対人賠償責任金額・対物賠償責任金額・搭乗者障害保険金額・人身障害保障金額、この辺はしっかりなるべく最大金額を設定しましょう。もちろん高くなります。なんですが、この辺の保障って一番大切なんです。ロードサービスよりよっぽど重要ですよ。

ここだけは手厚く保障を設定しましょう。ここさえ押さえば他のことなんて些細な差異です。

車両保険の種類の設定。

断然「一般」です。エコノミーじゃ意味ありません。相手型が過失を認めた場合のみおりるのがエコノミー車両保険ですが、じゃあ自損は?といえば、おりません。当て逃げは?といえば、おりません。もしもの時に対応できるのは一般だけですよー。

車両保険の免責

ここは10−10でいきましょう。何万か保険料下がります。一般にした分ここで保険料を下げましょう。

自動車保険の特約は?

家族限定がおすすめです。これはとりあえずつけましょう。意外に割引率がいいんですよー。

運転条件の設定

ここで年齢区分を設定します。乗る可能性がある人の中で一番若い年齢を入れましょう。区分は18歳以上・21歳以上・26歳以上・31歳以上・36歳以上になります。31歳以上にして、20代の人が乗って事故を起こしたなんてことになると保険がおりないのでご注意ください。

10。

保険に対する希望。

これは一括見積もりするうえで重視する項目になります。

・保障と価格

・とにかく価格

・とにかく保障とサービス

・会社の信頼度、安定性

・その他

一番重視したい事を入れていきましょう!オダジマは「とにかく価格」です。

 

 

この一括見積もりの結果はブログのトップページで公開しています!

大公開中!>>>2016年オダジマの自動車保険一括見積もり結果

 

使用した一括見積もりサイトはこちらです!

一括見積もりサイト>>>自動車保険見積もりのインズウェブ

 

 

自動車保険一括見積もりの小話・・・。

個人情報が不要な自動車保険 一括見積もりサイトはある?

無いんじゃないかなー。と思います。強いて挙げれば個別に見積もりすると細かい住所とか打ち込まなくてもいいところがありましたよ。

自動車保険 一括見積もりの注意点やデメリット。

とにかく便利で保険料も安く上がるしデメリットなんて無いなあ・・・。と思うんですがw よく言われる勧誘の電話とかもないですしね。あえて挙げるとすれば、同じ条件で一気に複数社を見積もるので、個別に見積もると使える条件が多少ある場合があります。

なので、ここに決めようかなって会社を見つけたら、もう一度個別に見積もってみるのがおすすめです。

一括見積もりには無い条件設定が決めれる場合があるので、より安くするためには、もう一歩踏み込んで見積もり出してみましょう。

 

自動車保険 一括見積もりの特典やキャンペーンってどうよ?

やってるところありますね〜。オダジマも一度特典に惹かれて別なところで一括見積もりした事あるんですが、その後勧誘の電話がありました。特典で人集めてリストとって別な保険を勧誘するって手口なのかなと思います^^;

 

 

今回使った自動車保険 一括見積りサイト

数年越しで使っても電話一つ来ないw一括見積もりサイト。信頼度は非常に高いですよ〜。


オダジマが数年越しで使ってます。

今年は38,730円安くなりました。マジで助かります。

↓ 最安がわかる電話勧誘無しの一括見積もりサイト ↓

>>自動車保険見積もりのインズウェブ<<