オダジマが自動車保険をロードサービスで比較!一番使えるのはどこ?

 さて、始まりました。オダジマの自動車保険比較。
今回はロードサービスで比較していきたいと思います。全然一度も事故を起こしたことないぜーって方こそ考えて欲しいのがロードサービスです。というのも事故を起こすことはなくてもバッテリーが上がることはありますからね。知らない土地で縁石に乗り上げてもうた!バッテリー上がってもうた!側溝にタイヤ突っ込んでもうた!なんてことは事故を起こすことより多いんじゃないかなと思います。

  • 1位 チューリッヒ
表や数値で出ないところで大変充実しております、チューリッヒ。
何がすごいって無料がとっても多いんですよ。基本的に他社では30分間の作業のみ無料その後は料金かかりますよという体制なのですが、時間制限なしで無料担ってます。
あとはレンタカー。24時間無料な上に宿泊費用や帰宅費用は限度額なしです。すごいよね。ガス欠時は10リッター無料で詰めてもらえます。落輪も無料。スペアキー無料作成・ペットの宿泊費補償・目的地のキャンセル料補償なんていう痒い所に手が届く内容になってます。他の保険会社ではこういった内容はありませんね。
  • 2位 SBI損保
安ッ!!と思わず口走るほど安い保険料のところなんですが、その割にロードサービスが非常に充実してるっていう保険会社です。
オダジマ視点なんですが、僕は休みの日って普通に片道100キロ移動とかしたりするんですね。そういう時になにか起きたらと考えれば、レッカーが距離無制限(最寄りの工場まで、指定すると50キロまで)というのは非常に頼もしい限りなんですよ。後は宿泊費用や帰宅費用もちゃんとしてます。彼女を連れて旅行中に大変なことになったという場合でも十分対処できるだろうなーって思いますw
  • 3位 そんぽ24
ぶっちゃけるとダイレクト系の中ではそんなに安いわけじゃないんですけども。
まずはレッカー移動距離は100キロ。最長レベルですよ! バッテリー上がりは無制限で対応。その他宿泊費用と帰宅費用が他と比べてもなかなかいい感じ。
あとはセゾン・ソニー損保あたりが大変いい感じです。
この辺の保険会社に見積もっていけば目当ての自動車保険会社に巡り合えるんですが、実際保険料の試算って複雑です。26歳以上が安い保険会社があったり、自分の走行距離では割高なところがあったりと一括見積もりして初めてわかることってかなりあります。
電話勧誘のない一括見積もりサイトはこちらです。オダジマはここ利用してはや5年目です、おせわになってます。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

一括見積もりサイト>>>自動車保険見積もりのインズウェブ

では各社のロードサービスの簡単な表が以下です。
各社のロードサービス比較
レッカー 車のトラブル 宿泊・帰宅費用
対応内容 無料
範囲
バッテリー上がり パンクした時のスペアタイヤ交換 ガス欠 インロック 落輪 宿泊費用
限度額
帰宅費用
限度額
車の搬送
限度額
あいおいニッセイ同和 15km 1万5千円/名 2万円/名 15万円
アクサダイレクト 35km 搭乗者全員分の
宿泊費1泊まで
搭乗者全員分 限度なし
アメリカンホーム 50km 1万円/名 2万円/名 10万円
イーデザイン損保 60km 10万円
SBI損保 無制限 1万5千円/1名1泊 2万円/名 10万円
セコム損保 50km 1万円/名 2万円/名 5万円
セゾン自動車火災[4] 15万円 1万円/名 2万円/名 15万円
ソニー損保 50km 車検証記載の定員数を限度にお支払い 車検証記載の定員数を限度にお支払い 限度なし
損保ジャパン日本興亜 15万円 1万円/名 2万円/名 15万円
そんぽ24 100km 搭乗者全員分の
宿泊費1泊まで
搭乗者全員分[2]
※タクシーの場合総額1万円
限度なし
チューリッヒ 100km × 搭乗者全員分、
全額補償
(1泊まで)
搭乗者全員分、
全額補償
限度なし
東京海上日動 10万円 1万円/名 5万円

※タクシーの場合
1万円/台
10万円
三井住友海上 15km × 1万円/名 2万円/名 15万円
三井ダイレクト 50km
JAF 15km

 ロードサービスってどんな内容でしょうか?

  • レッカーサービス

最寄りの工場、または指定の工場まで車を運んでくれます。

  • バッテリー上がり

ジャンピングと呼ばれる他の車のバッテリーと繋いでエンジンかけてくれます。これで動かしたら1時間以上はエンジンかけておいたほうがよし。

  • パンク時のタイヤ交換

タイヤがパンクした際のスペアタイヤに交換。今はスペアタイヤ積んでない車もあるのでパンク修理キットでの応急処置など。

  • ガス欠

10リッターまで無料だったり5リッターまで無料だったりと幅広い。

  • インロック キー綴じ込み

車の中に鍵がある場合に限ります。最新のドアロックはどうするのか不明だけども開けてくれるようです。

  • 側溝などに落輪

引っ張って出してくれます。

  • 緊急時の宿泊費用

帰れないぜ!ってなった時の宿泊費用負担。乗ってる人も全員含めるか、あと一泊いくらまでか、が判断基準かしら。

  • 緊急時の帰宅費用

なんとかして帰るぜ!って時のための電車代タクシー代負担してくれます。これも何万円までかを判断基準にしましょう。

  • 車両運送限度額

レッカーか積載車で車を搬送してくれる限度額。タクシーでもそれなりにかかるのに車1台輸送すると考えてくれれば結構お金がかかることがわかるかと。

JAFのロードサービスについてぶっちゃけます。

ぶっちゃけ、JAFなんかよりも自動車保険のロードサービスの方が上です。これは本当に大体においてそうです。レッカーサービスの無料の範囲はJAFは15キロまで、他の自動車保険のなかで一番低いです。そして基本となるバッテリー上がり、パンクトラブル、ガス欠、インロック、落輪などこれらに対応しているのは当たり前としても、宿泊費用、帰宅費用は自動車保険会社のみがカバーとなってます。JAFは対応なしです。
ちなみにJAFで優れている点は「車ではなく人にサービスがかかっているという点」つまり自動車保険のロードサービスであれば保険をかけている車が有効なのであって、JAFの場合は契約者本人がどの車に乗っていても有効となります。

自動車保険のロードサービスは等級落ちませんから。

これ結構勘違いしている方多いんですが、等級落ちません。保険使ったわけじゃないですから大丈夫です。皆さん不思議と何かあった時はJAFを呼びたがるんですが、まずは保険会社のロードサービス呼びましょうよ。そっちの方がお金かかりませんし、せっかく保険に入ってるんだから有効活用しましょう!


オダジマが数年越しで使ってます。

今年は38,730円安くなりました。マジで助かります。

↓ 最安がわかる電話勧誘無しの一括見積もりサイト ↓

>>自動車保険見積もりのインズウェブ<<