車屋が話します。ディーラー自動車保険が高い理由とは?

はいどーもオダジマです。ディーラーで新車購入ですすめられる保険って、妙〜に高いですよね。今回はその理由について説明しましょう。

まずディーラーが推す保険は代理店経由であること。

ディーラー保険って実は某有名保険代理店の商品です。要は提携しているからオススメしてくるんですね。代理店系はやはり高いです。オダジマイチ押しのネット通販型みたいな保険を勧めるところはまずありません。

店舗を構えて担当営業がついて全国に展開する代理店型保険は、人件費から店舗費用が上乗せされるのでどうしても高い保険料になってしまいます。

で、その分実は代理店に丸投げなんです。お客さんに「これ保険効くかしら?」と聞かれれば代理店の営業マンに丸投げして仕事が進みます。修理工場と保険会社の連携といえば聞こえはいいんですが、正直にディーラーで保険加入する意味ってあまりないんじゃないかなあと僕は思ってるわけですよ。だってメッチャ保険料が高いから。

ディーラーが勧める保険が高い理由とは?

まずディーラー保険とは、代理店の自動車保険に「追加補償」をつけたものなんです。要は「ディーラー経由なら値引きますよ」ではなく「ディーラー経由だからこの保証もつけますよ」という追加パッケージであることをまず理解いただきたい。追加されてんだからそりゃ高くなりますよ。

次に提携している保険会社がとても高い保険料な件。もちろんただ高いよというわけではありません。全国各地に代理店と営業マンがいれば人件費やらで高くなります。その分保険についての相談などができたり、事故時の交渉が強いなどメリットもある。ただその分高い値段の保険会社が多いです。

各自動車メーカーの保険一覧

基本的な自動車保険の部分は、他の保険会社に委託となってます。プラスαで、各ディーラーが補償をつけているところが多いですね。

トヨタのクレジット一体型保険

残価設定クレジット払いと一緒にして支払える自動車保険です。トヨタファイナンスという、要はトヨタの金融取り扱い部門がやってます。お金の管理だけで中身は他の保険会社に委託、引き受けてもらう形になってます。

引受保険会社・・・あいおいニッセイ同和損保、東京海上日動、三井住友海上

プラン名・・・コンビニプラン・まとめてバリュープラン・カップルプラン

ホンダのHONDA自動車保険安心プラン

ホンダの自動車保険は、主に「ちょっとした傷などの修理」に特化してるようです。例えばフロントガラスの飛び石、これって絶対に直さないと車検が通らない傷なんですよ。ただ飛び石っていう性質上、「ある意味当て逃げ」のような扱いになります。請求しようにも相手がわからないことがほとんどなので、直すなら自費でなおすか保険使うかです。すげーやな気分になる修理事例なんですね。

こういった保険使うほどではないけど直さなきゃな、という修理を補償をしてくれるのがHONDA自動車保険安心プランです

引受保険会社・・・損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、三井住友海上。

プラン名・・・HONDA自動車保険あんしんプラン。

マツダのマツダ自動車保険サポートプラス

はい言わずと知れたマツダ。俺が買ったデミオのメーカーですね。皆知ってるよねえ。

マツダは次の車検までのオイル交換やらがお得になるパックDEメンテや、5年間の延長保証、あとは中古車の場合は一年間の保障が付くさわやか保障があります。それに加えて、マツダ自動車保険プラスでは保険を使わないで修理できる保障がついてます。窓ガラス損害、いたずら・落書き損害、キーシリンダーなんかの修理を保険を使わずに行うことができることになってますね。

ちなみに僕入ってないですわw 車屋なんで自分で直します^^;
オイル交換も純正オイルがアマゾンでとっても安く売ってますし自分で交換すれば費用は5分の1です。

引き受け保険代理店・・・三井住友海上火災保険(株)、東京海上日動火災保険(株)、(株)損害保険ジャパン、日本興亜損害保険(株)

スバルのSUBARU自動車保険プラン。

スバルさんでも展開しております。通常の自動車保険に追加保障の形です。メインは三つの補償、1、SUBARU安心ホットライン。2、距離無制限レッカーサービス。3、オリジナル修理サービスの三つ。スバルに限らず、修理する場所と自動車保険会社の窓口が一本になるってのはユーザー目線で意外に便利です。工場と保険会社を交互に電話かけて確認する手間が省けるのは保険と修理ができるディーラーならではと言えるでしょう。

でも正直に言えば大抵の保険会社でまかなえる保障ばかりだなと思います。擦り傷も保障になってますが保険料が安いところに入るとそのくらいの修理費用は浮きますしね。

引き受け保険会社・・・損保ジャパン日本興亜、三井住友海上

プラン名・・・SUBARU自動車保険プラン。

ニッサンの日産カーライフ保険プラン

主な補償内容は以下のとおりです。ちょっとした擦り傷やガラス傷などの補償。事故の際には専門スタッフが現場へ急行。アクシデントロードサポート。です。全国展開するニッサンの代理店がロードサービスから修理補償までやってくれます。HONDAでもそうでしたが、ちょっとした傷のサポートを推してますね。プレミアムガラスサポートなんでのも付いていて、最悪の場合のガラス交換の補償までやってくれるようです。ガラス交換補償を掲げてるのはニッサンだけでしたよ〜。

引き受け保険会社・・・みたところ不明。

プラン名・・・日産カーライフ保険プラン

 

で、実際ディーラーの保険ってどうなのさ?

ディーラーの自動車保険って、普通の自動車保険にガラスやいたずらなんかへの追加補償がメインです。こういう愛車の傷は直したいところですが、保険を使うと等級が下がって保険料が割高になるという問題があります。そこでディーラーの追加保障は「大きな事故ではないけど、自腹で直したくないな」という修理を等級下げずに補償する形になってます。かゆいところに手がとどく追加補償ですよね。

とはいえ高いですww ネット保険に乗り換えれば年間で3~5万円は安くなるのは確実です。

余裕を持って新車を買える方であればまあ問題ないかとも思いますが、僕みたいに欲しくて仕方なくて、資金繰りがギリギリなのに新車買ったという場合は、正直に別な保険会社オススメします。

実際、引き受け会社は良く聞く外部の保険会社ですし、細かなところまで手がとどく内容ではあるんですが、各ディーラーの保障は、オイル交換以外は概ね車両保険でまかなえます。

それに、ネット保険に乗り換えると年間で少なくとも3万〜5万は安くなります。それを考えると、ネット保険に乗り換えるだけで車の修理費用くらい溜まっちゃうんですねw ネット保険に乗り換えて節約すれば、ちょっとした擦り傷を直すくらいのお金は浮くんです。

ネット保険ってそんなに安いの?と気になるなら、こちらをどうぞ。

あなたの保険が安くなる!オダジマの過去記事!

デミオディーゼルの一括見積もり結果>>>オダジマの愛車の保険料が38,730円安くなりました。
保険相場の調べ方はこちら>>>オダジマの保険相場の調べ方

ちなみにディーラーで保障されてるフロントガラスの修理費用はいくら?

ディーラー自動車保険の売りになってるフロントガラスの修理補償。簡易修理もできずにガラス全交換になった場合はだいたい10万からそれ以下ってのが車屋として妥当な修理費用かなと思います。一番安いところから仕入れたらフロントガラス修理で2万ってところもありました。(車屋同士の交渉の末の値段ですよ^^;)

10年に一回くらいはフロントガラスにヒビが入ることもあるかもしれません。で運悪くリペアも不可能で交換になる。

その時に10万の修理費用を払うか?ディーラー保険でその日に備えておくか? 一番良いのはネット保険に乗り換えて節約し貯金しておくことだと思うんですよ。だってディーラー保険から乗り換えなら年間3万〜5万円安くなります。

ネット保険に加入しておけば、2,3年に一回ガラス交換できるくらいのお金が貯まるんですから、そっちの方がいいと思うんです。

正直ネット保険に乗り換えるだけで、数年に一回、板金に出してボディリフレッシュするくらいの費用は簡単に貯まります。自動車保険料と、もしもの時の修理費用、こういうことも踏まえてディーラー保険が本当に必要かどうか見極めましょう。

自動車保険において、本当に必要な保障って結構限られています。必要な保障だけ残して、たった10分で保険料を下げるテクニックを公開していますのでぜひ参考にしてみてください。


オダジマが数年越しで使ってます。


保険料の最安値を簡単に調べることができるおすすめサイト。毎年マジで助かってます。


↓ 無料でできる、最安が丸わかりの一括見積もりサービス ↓


>>自動車保険見積もりのインズウェブ<<





自動車保険料の本当の相場を大公開!

車屋オダジマのデータを元にした、自動車保険料相場を公開中です!

プライベートの車で、毎年最安値を探しています。

今年は38,730円安くなりました。マジで助かってます。

見積もりのやり方から、おすすめの特約や設定まで徹底解説。

ぴったりの自動車保険を簡単に調べれますよ!

 

自動車保険を節約したいなら、ぜひ参考にしてください。

オダジマの自動車保険節約方法とは?

読むだけで安くなるオダジマの過去記事

読むだけで安くなる保険の知識。