オダジマ家の保険事情

新車デミオの見積もり結果!あいおいニッセイ同和損保自動車保険の個人的な評価。ロードサービスから拠点数まで。

どーもオダジマです。なんかついでにあいおいニッセイ同和損保でデミオを見積もってみましたよ。見積もり結果をシェアしていきたいなと思います。

ちなみにあいおいニッセイ同和損保の自動車保険とは?

2010年にあいおい損保とニッセイ同和損保が合併してできたあいおいニッセイ同和損保。このあいおいの特徴は代理店型であること。ネット通販系のダイレクト自動車保険とは違い、代理店型特有の担当の保険屋さんがいてなんかあったら電話して色々やってもらうことができるというお任せができる自動車保険になってます。
続きを読む

節約のために必ず気をつけたい自動車保険の満期日!?更新手続きのミスで等級が大変なことに!

どーもオダジマです。オダジマ家にも眠ってた保険ってのがあるんですよ。これねえ手違いで等級がパーになっちまったんすわ。

20等級の割引率60%から割引率20%まで落ちることになった事例です。皆さんもお気をつけて!

等級がパー!一体何があった!?

僕が大学から戻ってきたころ、車を買いましてね。
続きを読む

大公開ダイレクト系自動車保険相場!30歳31歳32歳34歳の自動車保険料とは?

どーもオダジマです。前の車のプレオの見積もり相場の画像があったので大公開。31歳の自動車保険相場のリアルが見えてくるかと思いますw

自動車保険のインズウェブのリアルタイム試算結果の画像です。

インズウェブ:自動車保険一括見積もり請求サービス オンライン見積り結果

はい、今回の自動車保険相場のざっくり条件は画像の通り。初年度登録13年の10年落ち中古の軽カーですわ。車種はスバルのプレオ、一応スポーツグレードなので他のプレオよりも保険料高いかもしれません。運転手はオダジマ31歳。区分は家庭用、年間走行距離は1万5千キロと結構走ります。

ちょいと整理しましょう。

  1. 年齢区分 30歳以上
  2. 車 10年以上前の軽カー、エコなんてしらない。
  3. 区分 家庭用
  4. 年間走行距離 1万五千と極めて多い。
  5. 車両保険は無し!

この内容で自動車保険の相場が具体的にいくらなのかは以下の画像をご覧ください。

※一応見積もり各社の社名は伏せております。見積もり保険料は年額です!

インズウェブ:自動車保険一括見積もり請求サービス オンライン見積り結果-2

 

ネットダイレクト自動車保険の相場は安い!

整理しましょうか。

  • 1社目 24,460円(年額)
  • 2社目 22,370円(年額)
  • 3社目 19,990円(年額)
  • 4社目 22,690円(年額)
  • 5社目 28,600円(年額)

驚きの一万円代が出てきてますw 相場よりもかなり安いほうですよね。その上でこれ13等級です。13等級は55%引きなので18等級とかもっと安く上がります。

30代の自動車保険相場。インズウェブでの見積もり結果まとめ。

インズウェブとは?

一括見積もりの老舗サイト、もちろん無料。自動車保険の相場から最安値までまるわかりです。自分の条件での相場を調べれるので大変重宝しています。ちなみに走行距離が変わるだけで自動車保険は相場も最安値も変わります。同じ保険会社でもオダジマには最安、他の人では高いということがあるので、まずは自分の相場を調べるのが一番ですよ!

オダジマの自動車保険の相場は安い?

自分でも結構驚くほど安い結果になりました。30歳以上の年齢区分と13等級というそこそこの割引が効いてるのだと思います。ただ最安値はまだまだありますよ。40歳以上20等級ならもっと下がるでしょう。それにオダジマはかなり走るほうなので走行距離が少ない人はもっと保険相場が下がります。オダジマの条件はむしろ高い方だと思うので、自分の条件で一括見積もりすればオダジマより安い結果になると思います。

対人対物などの基本補償は?

対人・対物は無制限。人身は3000万(オススメは無制限です・・・。)搭乗者障害は有り無しがあるので要注意です。

つけた割引とかは?

家族限定と30歳以上の年齢制限くらいなもんですね。使用目的は家庭用、免許もブルーです。走行距離も1万5千キロなのでなんの走行距離割引もついてません。皆さんの方がもっと保険料が下がると思います^^:

一括見積もりした後はどうやって契約するの?

この見積もりの画像ってメールで送られてくるんですが、それぞれクリックすると各社へ飛び、そこで本見積もりと契約となります。それぞれの会社の特色となってる割引もあるので個別に見積もりするとさらに少し安くなりましたよ^^

自動車保険見積もりで電話勧誘とかはくる?

全くこないですw 他者で一括見積もりをすると結構勧誘がくるんですが、インズウェブは電話勧誘が無いので使いやすいですよ。強いて言えば数日後に見積もりした先の保険会社から案内のハガキがきたくらいです。

っていうか普通の自動車保険相場よりも安くねえ?

ネット系のダイレクト自動車保険会社だからですね。今まで代理店系の自動車保険会社としか契約したことない方は驚くと思います。ネット系は保険の営業マンや店舗がないので中間コストがかからないので保険料がかなり安いです。

ちなみに見積もったのは自動車保険のインズウェブは、ネット系ダイレクトから代理店型まで全て大手のちゃんとした保険会社で一括見積もりを取ってくれます。結局のところ「比べることで安くなる」ので、こういった一括見積もりサービスを利用するのが一番保険料を安くするあげることができますよ〜。やり方はこちらです!

>>>今年度も自動車保険を一括見積もりしてみました。
 

人生色々の30代の自動車保険相場を安くするために。

マジで人生色々です。俺のように一人でカーライフを楽しんでいる人間もいれば、嫁さんと幸せにカーライフを楽しんでいる方もいるでしょう。あるいは車2台所有してるぜという方もいると思います。

30歳からはぐっと自動車保険料の相場が落ちます。やはり20代の事故率よりも30代の事故率の方が低いわけです。保険料の相場もぐっとさがります。下がった保険料の分を補償内容や車両保険を厚くしても手頃な価格になってきます。

また等級も上がってきてるでしょう。等級が上がれば上がるほど割引率も良くなり保険料の相場はさらに安くなっていきます。

 

結婚しているなら補償はしっかりしましょうよ!

対人・対物・人身障害、この辺はしっかり無制限を選びましょう。保険料相場が多少は上がりますが本当に大きな事故を起こした時にちゃんと対処できます。どんなことが起こっても家族が暮らしていけるように補償はしっかりとつけましょう。

結婚してないなら先のことしっかり考えましょうよw

自分も独身ですし他人事ではありませんw 保険料相場が下がり出すのが30代です。貯金に回すか補償を厚くするかと自由が効きはじめるんですよ。保険料が下がった分、保障を厚くするもよし、少し高い車を買うもよし、未来のために貯金に回すもよしです。

ぐっと相場が安くなる割引「夫婦限定」

聞くだけでうらやましい「夫婦限定割引」。家族限定の上位版と考えていいです。保険適用の範囲は「保険名義人の本人とその配偶者」です。早い話が乗れるのは嫁と二人だけ、です。家族限定よりも乗る人間を限定するのでさらに保険料が下がります。

夫婦限定の割引率はなかなか良し。

最強の割引を誇る「本人限定」に続き、夫婦限定も結構割引率が良いです。本人限定が1番→夫婦限定が2番→家族限定が3番 という順番で割引率が良いですね。

独り身ならばいっそ「本人限定」を。

はっきり聞きます。「自分以外乗りますか?」 かくいう自分も家族が乗れるようにと家族限定にしてはいるんですが、だ〜れも乗らないんだよね^^;それくらいならいっそ本人限定にしてし浮いたお金を貯金に回すのもおすすめです。

 

30代になってからよく使うセカンドカー割引。

うちもそうなんですが、親父がいい年齢になり世帯主がいつのまにか自分になってたりしますw 家族の共有物の代表者が自分の名前になり始める年齢でもありますよね。

じいちゃんの軽トラ、母ちゃんの軽カーなど複数の車があれば、いっそ自分名義にしてセカンドカー割引を使うのも手ですよ〜。

新車を買ったらぜひ使いたい新車割引

良い年齢になるとだんだん収入もあがります。オダジマのようにやっと新車買うことができたよ〜という方もいるでしょう。そういった方にはぜひ新車割引がオススメです。

 

30歳からの自動車保険 まとめ。

  • 30代になると保険料が下がる。
  • 下がった分で補償を厚くするもよし、貯金に回すもよし。
  • 結婚してるなら夫婦限定がオススメ。
  • 結婚しているなら余計に補償は厚くしましょう。対人・対物・人身は無制限がオススメです。
  • 独り身なら家族限定か本人限定が良し。
  • 家族の車の保険名義を自分にしてセカンドカー割引を使うも良し。
  • 自分の条件で一括見積もりするのが一番安い!

一番注意したいのが付けれる割引によって最安値相場は変わるということ。ゴールド免許で安くなる会社もあれば、夫婦限定がものすごい安い会社もあります。オダジマみたいに走る人だと、走行距離割引が売りの会社では逆に保険料が高くついたりします。自動車保険の会社は各社で特徴がかなりあるので一括見積もりしてみれば必ず自分の条件にあった安い会社が探せますよ!

とうわけでオダジマも満喫している30歳からのカーライフ。保険料もかなり下がり節約したお金が自由に使えます。保険料を下げる具体的な方法は、「たった10分で自動車保険料が38720円安くなりました!」という記事をごらんください。

車屋オダジマがすすめる完璧な自動車保険内容。これで相場より安くなりますよ!

はいどーもオダジマです。これなら価格は相場以下にさがるぜーという保険内容を書いていきたいなと思いますよ〜。もちろんただ安い自動車保険にするだけならバンバン補償を外すとそうなるんですが、それってとっても危険です。最低限必要な補償内容は維持しつつ安く上がるためのプランを提案したいなと思いますー。

大まかな流れは以下です。

1、最低限の特約・補償を設定。

2、車両保険はどうするか?

3、安くなる割引の設定(年齢など限定条件)

では一つづつ行きましょう。

1、まずは自動車保険に最低限必要な補償を知ろうぜ!

まあ補償内容なんてわけわからないですよねw自動車保険は車持ってるひとなら確実に入ってるはずなんですが、実際事故に遭った人からこの補償のおかげで助かったんだよねなんて話は滅多に聞けません。そこで車屋の観点からまずはこの分入っておけば確実に安心だろうというラインを説明したいと思います。

・対人賠償責任保険の金額は無制限がオススメ

対人賠償は事故の相手への補償の保険になります。確実に無制限にしましょう。実例なんですが、事故相手が医大生なら最悪のケースでウン千万とかはるかに超えます。無制限にしないと危険ですよ!

・対物賠償責任保険の金額は無制限がオススメ

こちらは対物賠償。文字通り物に対しての補償となります。最低補償金額で500万とかあるみたいですが、保険料は下がっても、もしもの時に足りませんよ。

例えばお店に突っ込んだとしましょうか。店舗改装費用から一通り請求されるので1000万単位になるとおもいます。もっと言えば電柱なんかも非常に高いです。最新の信号機なんかも1000万とかするものもあります。これらを壊してしまった時に備えて対物賠償責任保険は無制限がオススメです。というか危険だから無制限じゃなきゃダメですよ。

・人身傷害保険の金額も無制限がオススメ

この人身傷害保険は対人と同じく人に対する補償なんですが、相手ではなく自分や家族、乗ってた人に対する補償になります。この人身傷害保険は一般的に5000万くらいまでで補償されてることがおおいのですが、無制限がオススメです!

ちょっと怖い話になりますが、8人乗りのバンに8人乗せて自損事故。全員大怪我としましょうか。これって5000万じゃ足りないでしょう。一緒に乗せた人間を守るためにもここも無制限がオススメなんです。気をつけましょう。

2、問題は車両保険をつけるかどうかです。

価格がガッと変わる車両保険。これつけるかどうかは悩みどころです。車両保険に関しては正直やっすい中古車ならいらないんじゃないかなとおもいます。値段でいうと50万以下クラスの中古車あたりは要らないかなあ、と。

この50万以下の中古車ってピンキリではあるんですが、基本2年〜4年くらいしか乗れない価格帯です。車屋の観点からなんですが、次の車検はとおるかな?って中古車は大体この価格50万以下になってることが多いです。

でも新車、または100万越えの中古車は確実に車両保険つけましょうよ。

新車は当然のこと、100万クラスの中古車も車両保険はつけといたほうがいいです。100万円のローンって金利がついて毎月2万円を5年間払い続けてやっと返せるくらい大きな金額です。やっぱりつけたほうが安心ですよ。

あとつけておきたいのは弁護士費用特約とロードアシストでしょうか。この二つはなくてもいい場合もあるので必要なければつけません。

 

3、割引の条件を見ていきましょう!自分に合うものはつけていきます。

まず必須項目。割引率が大きいのはこちらです。

年齢別が一番ケース分けしやすかったので以下の記事カテゴリにまとめております。

カテゴリ>>>年齢別オススメ割引

あとは自分に合うものを見つけていきましょう!

  • ネットで申し込む
  • ペーパーレス割引(ネット申し込みの場合、証書は印刷しないという設定)
  • 新車割引
  • 年齢条件
  • 使用目的の設定
  • セカンドカー割引
  • エコカー割引
  • ゴールド免許割引
  • 年間走行距離の設定

以上の割引はつけれればどんどんつけていきましょう。使わないと損ですよ〜。

ちなみに安い保険会社を見つける方法は以下を御覧ください。マジで安く上がります。

あなたの保険が安くなる!オダジマの過去記事!

デミオディーゼルの一括見積もり結果>>>オダジマの愛車の保険料が38,730円安くなりました。
保険相場の調べ方はこちら>>>オダジマの保険相場の調べ方

内容は完璧!あとは保険会社に申し込むだけです。

これで基本的な設定、つけるべき補償+安くするための割引が決まってきたかなとおもいます。

以上で洗い出した保険内容で、一番安い保険会社に申し込めばOKです。もちろん保険会社によって内容は多少かわりますが、以上の内容で基本的なところはすべて抑えてあります!

「保険会社はどこにしよう?」って悩むのなんてナンセンスです。会社によってロードサービスの拠点数がとか、高い理由がちゃんとあるんですが、保険内容をしっかり煮詰めて申し込めば、正直どれを選んでも一緒です。保険内容をしっかり選定したらあとは一番安いところに申し込んじゃいましょう〜。

連載企画 高いよ!どうするの!?18歳・19歳・20歳の自動車保険の相場と安くする道のり。

どーもオダジマです。購入した新型デミオに保険を移し、古い車デミオは20歳の弟に譲ることになりました。でもねえ、これが厄介で20歳の自動車保険ってちょっと高いわけなんです。連載企画としてこの20歳の弟の保険料を下げようと今頑張ってるとこです。
続きを読む

車の買い替え+車両保険で追加料金5万円発生の件。自動車保険料この値段や如何に。

払ってきましたよ保険料。五万円の追加保険料をドンと払ってきたので非常に痛かったです。

元来自分はちまちま月の支払いが増えるのは本当に嫌な性格なんです。支払いが増えないように基本一括の年払い。なので月によっては「ハイ!今月の給料はこの支払いに、ドーン!」って感じのマネースタイルをしてますw

ってわけで自動車保険料払ってきました。

たかが数時間前に払ってきたのに財布の中にレシートさえなくなっているこの不思議^^;

おさらいしましょう。

  • ソニー損保である。
  • 年払いですね。
  • 車買い替えによる自動車保険の車両入れ替えしました。
  • 10年落ちのプレオから新車のデミオに変えました。
  • 新車特約とか適用してます。
  • でも車両保険を追加したので追加料金発生です。
  • 支払いはコンビニ払い用紙で頼みました。

どうやって自動車保険の手続きしたの?って方、超簡単でしたよ。ソニー損保のサイトに行ってログインしたら「車買い替えの方はこちら!」ってとこをクリックして後は入力、これだけです。ネット系自動車保険ってこういう手続き関連は本当に便利ですよ。

ここで最大の疑問。保険がコンビニ払いってことは支払い後の適用?

これがそんなことないんですよ。契約したその日から保険は適用されます。支払い猶予は一ヶ月。2週間すぎたあたりから「早く払ってね」という封書と電話がきますがw とはいえ一ヶ月です。かならず給料日がくるので重宝している支払い制度ですね^^

 

車両保険だけで5万円。この金額は適正?

ちょー安いですよ。車両保険付きなら30歳以上でも年額で余裕の10万越え。15万越えも普通にあります。それがネット系自動車保険なら10万切る値段で、200万クラスの新車を守ってくれるわけです。

なぜこんなに安いのだ!?ネット系の自動車保険が安い理由

なんでこんなことになるかっていうと、ネットの自動車保険って代理店型の保険よりもはるかに安いんです。いろんな理由があるんですが、まず人件費がかからない!各都道府県の各市町村に事務所借りて人を置いておくことも必要ないんです。ネット保険は全国に代理店数百店舗を構える必要がないってだけで保険料が押さえられることは想像つきますよね。

ちなみにインターネット割引ってのもありますのでぜひご参考に。
>>>自動車保険のインターネット割引一覧

 

やっぱりあるネット系自動車保険のデメリットとメリット

もちろん欠点もあります。説明したとおり代理店がないってことです。つまり手続きよくわかんねえよって時にここはこうですよって教えてくれる保険セールスマンがいない。でもここはカスタマーセンターに電話一本で教えてくれます。数年前に等級引き継ぎをやりたくて電話で聞いたんですが、結構親切でした。ケータイマジ便利です。

それと保険屋が近くに居ないってことは、事故対応も担当を呼んで丸投げということができません。この辺は非常にネックなんですが、その分事故対応の仕組みを整えてるのがネット保険。「全国@@@箇所に事故対応センターを構えてます!」って広告も最近よくみたことあるでしょう。力を入れて増やしているようです。

さらにGPS使って位置情報付きで事故対応してくれるアプリもあります。チューリッヒを筆頭に非常に使いやすいアプリがリリースされています。

 

スマホ一本で全部契約から見積もりから事故対抗からできちゃう自動車保険会社

ケータイスマホはマジで便利です。正直自分は、見積もり・契約・変更・までスマホ一本ネットと電話でものの10分たらずで手続きできてます。でその分安いってわけです。

これってすげー利点です。煩わしさがないんですもの。ネット系自動車保険は、気楽に見積もりや変更ができるってのが最大の売りかもしれませんね。

自動車保険をまさかの納車当日に車両入れ替え手続き。いきなりなんですが車買い替えました。

どーもオダジマです。

いきなりなんですが表題の通り車を買い替えました。旧型プレオから新型デミオへ、新車購入なんてもっと先のことだと思ってましたが思い切って購入です。

車を買い替えたら保険ってどうなんの?

最初に行き当たった問題が保険について。保険の証書見るとやっぱりプレオのナンバーに保険が掛かっているんですね。
続きを読む