自動車保険とは?保険料の仕組み。

安いのはどっち?自動車保険の使用目的。家庭用と業務用の金額の違いは?

どーもオダジマです。自動車保険の使用目的は「え・・・?」って感じにひじょ〜に迷うところです。通勤に使ってるから業務用っちゃあ業務用だし家庭用っちゃあ家庭用だし、と疑心暗鬼に陥ります。

ましてや、これどっちが安いんだろなんて思い始めたら本当にいったん手が止まります。

家庭用を設定したが安いのよ。

ちょっと考えてみてください。

1、大切な家族を乗せて週末のレジャー

2、なんぼ眠くても毎朝、新聞配達に出かける

この時点でどっちが安いか想像つくと思いますw これは家庭用を選ぶのが正解です。

そもそも自動車保険の使用区分の「業務」って稀です。

「え?でも正直に入力したいんだけど・・・。」って方はあんまり気にしなくてもいいんですよ。

実際に業務用に当てはまるのは以下です。

  • 個人商店の配達車両
  • 個人事業を始めた営業マンの車
  • 毎日複数人が乗る零細個人事業主の会社用にした営業車(仮)

こんくらいの使用でなければほぼ家庭用でOKです。グレーかなあってところは保険屋さんの自分の車でしょうかね。

自動車保険の使用区分の変更は?

大抵の方が「家庭用」かと思うのでそのままですし、変更しなきゃ無い事例もお目にかかったことがないんですがw 担当保険さんに電話一本でOKです。ネット通販系ダイレクト保険会社の場合はログインメニューから変更できます。

ちなみに、業務用にしてメリットがあるのは確定申告などで経費で落とせるケースでしょうかね。

実際に使用区分の業務用と家庭用でどのくらいの金額差がでるの?

大体が7000ほどの価格差がでます。業務用が5万円なら家庭用は4万3千円というところですね。

実際この金額差、確定申告で7000以上戻ってきますよというかたには業務用一択でしょうかねえ。

あなたの保険が安くなる!オダジマの過去記事!

デミオディーゼルの一括見積もり結果>>>オダジマの愛車の保険料が38,730円安くなりました。
保険相場の調べ方はこちら>>>オダジマの保険相場の調べ方

というわけで保険区分、業務用と家庭用の注意点。

これ違う申告をしていると、最悪のケースで補償が受けられなくなります。とはいえ一般の普通の場合は家庭用がほとんどを占めると思うので「会社を起こしたぜ〜」という方以外は素直に家庭用がオススメですよ〜。

生活がお得になるゴールド免許のメリット。自動車保険割引相場表とお得な特典。

どーもオダジマです。みなさん免許の色って何色でしょうか?ぼくはブルーなんですが、自動車保険だけではなく、いろんなところでお得に使える特典が付いてくるんですよ〜。

まずは自動車保険のゴールド免許割引相場表。

ゴールド免許になると5%〜10%の割引が得られます。

もちろん会社によって違うので一概にこの値段ひかれますよ!とはいえないんですが、数%から最大で18%とけっこう大きい割引率です。

各社の割引率一覧

  • SBI損保のゴールド免許割引 約10%
  • セコム損保のゴールド免許割引 最大15%
  • 三井住友海上のゴールド免許割引 8%~10%
  • 損保ジャパンのゴールド免許割引 最大10%
  • 日新火災海上保険のゴールド免許割引 約10%
  • 朝日火災海上のゴールド免許割引 8%~10%
  • ソニー損保のゴールド免許割引 最大6%
  • AIU保険のゴールド免許割引 最大18%

ゴールド免許割引有り 割引率不明

  • あいおいニッセイ同和損保
  • 共栄火災
  • アクサダイレクト
  • 日本興亜損害保険
  • チューリッヒ保険
  • セゾン自動車(おとなの自動車保険)
  • イーデザイン損保
  • そんぽ24
  • 富士火災海上保険

ゴールド免許割引なし。

  • マイカー共済
  • 三井ダイレクト

実際に見積もりしてみました!けっこう値引きがかかります。

一社のみですが、実際どのくらいの金額が値引きされるのか試してみました。ちなみにソニー損保です。ソニー損保ですんで最大6%割引になります。もっと条件良く値引きがかかるところもありますよ!

車種は10年落ちのプレオ、30歳以上、走行距離無制限で見積もりました。

ゴールド免許適用前
ゴールド適用前

ゴールド免許適用後

ゴールド適用後
ゴールド適用前は49,980円

ゴールド適用後は46,980円

という結果が出ました。3000円ほど安くなってます。6%で3000円ですよ。繰り返しますがソニー損保ですんで最大6%割引になります。もっと条件良く値引きがかかるところもありますよ!他では10%、最大で18%値引きのところがあるんですから。

ただ、実際値引き率だけで保険料が決まるわけではないので、一括見積もりを使って見ると一番安くて自分にあった保険が一発で表示されますよ!

あなたの保険が安くなる!オダジマの過去記事!

デミオディーゼルの一括見積もり結果>>>オダジマの愛車の保険料が38,730円安くなりました。
保険相場の調べ方はこちら>>>オダジマの保険相場の調べ方

お得に使えるセーフドライバーカードがもらえる。

このカード、ぼくは見たことないので不明なんですが、(ブルーだし)各県の自動車安全運転センターで発行してもらえるそうです。

SDカード(セーフドライバーカード)は、安全運転者(Safe・Driver)であることの誇りと自覚を象徴するものです。これまでの安全運転に敬意を表すとともに、これからも安全運転者としての誇りと自覚を持って模範的な運転をされるように願って差し上げています。安全運転者を応援するため、SDカードをお持ちの方に、ガソリン代・食事代・宿泊代などの割引やマイカーローンの金利を優遇するお店が増えています。

自動車安全運転センターより抜粋

食事代宿泊代もかなり大きいですが、ガソリン代やローンの金利まで割引になるってのはけっこう大きいですね。これ有効活用すると大きな節約になりそうです。自動車安全運転センターで無事故・無違反証明書を発行してもらうと同時にこのセーフドライバーカードが発行してもらえます。

せっかくのゴールド免許の特典は有効に活用しましょう。ゴールドの人はすぐにでも、そうでない人は5年間無事故無違反で頑張りましょう!

 

かかる年数はどのくらい?保険料がお得になるゴールド免許への道。

自動車保険がお得になり、いろんなところで割引や優遇をうけられるSDカード(セーフドライバーカード)がもらえるゴールド免許。それの取得に一体何年かかるのかを説明していきたいと思います。

まずはおさらい!ゴールド免許の条件とは?

無事故無違反を5年間

これがゴールド免許の必須条件となります。新車デミオにのって二ヶ月で3500キロ走破してしまう自分ですが、5年間ってけっこう難しいですw

今の車ってシートベルトつけないとピピピピとなるんで、ここ数年でシートベルト違反は取られなくなりましたがケータイはつかまりやすいですね。というか運転中にケータイいじってはいけませんね^^;

ゴールド免許に至るまでの実年数は?

これはまず免許証の色について説明しなければなりません。

免許取立て!グリーン免許。

免許を取って最初に交付される免許証がグリーン免許です。初心者の色ですね。誰もが手にしたことのあるはずの免許証なのですが、オダジマはグリーンがまったく馴染みも覚えもありませんw 更新期間は3年間。オダジマは18の時に免許を取ったので21歳までグリーン免許を持ってたことになります。

慣れてきた21歳、ブルー免許になりました。

運転もこなれてきて、無駄にシートを倒し、一番ハンドルから遠い位置から片手で運転していたころですねw この21歳でブルー免許へと晴れて昇格となります。実家から出ていたので初めての街で更新に行ったのは忘れもしませんね。

このブルー免許の更新期間は3年〜5年。軽い違反が一回まで、事故歴なしの優良ブルー免許の場合は5年間。いろいろ違反して切符切られてる場合は要注意ということで3年となります。

ちなみに軽い違反は点数3点以下です。駐車違反、踏切、一時停止、信号無視などなどです。

そしてゴールド免許取得へ。

ま、オダジマはまだブルーですwごめんww

無事故無違反を5年間続けたのちにゴールド免許が発行されます。

さてここでお気づきでしょうか?問題は更新時期が来ないとゴールドへとなれません。

 

更新時期がこないとゴールド免許になれない

これゴールド免許ゲッターにはマジで重要問題です。切実ですね。

グリーンを3年、ブルーを5年(無事故無違反の優良ブルー免許なので5年更新です。)でやっとゴールド免許になります。

グリーンから無事故無違反を貫けばブルー免許証を2年間持っていればゴールドの資格は得られていますが、更新まちということになります。

 

ゴールド免許の自動車保険割引・お得なSDカードとは?

ゴールド免許になると自動車保険の割引がききます。それもそのはずで5年間事故を起こさないということは、保険会社にとっても保険料を下げてもいいという判断材料になるからです。

それとSDカード。セーフドライバーカードといって、各レジャー施設やマイカーローンなども優待割引が受けられます。こちらは無事故無違反証明書を発行してもらうと一緒にもらえるようです。

真似しようが無い裏技!お得なゴールド免許は最短で何年で取れるのか?

ゴールド免許を最短でとる真似しようが無い裏技ですw

まず初めて免許証を手にした時の事を思い出してください。その免許証はグリーンだったかと思います。そして今持ってる免許書を御覧ください。おそらく大半の方がブルーでしょ?

そう運転免許証の色が変わるのはどう最短で頑張っても免許の更新の時にしか発行され無いんです。

ゴールド免許は最短で何年かかるのか?

グリーンの免許証期間 3年

ブルーの免許証の期間 3年〜5年

ゴールド免許の最低条件 5年間無事故無違反。

というわけでゴールド免許の条件は5年間無事故無違反なのですが、グリーンを3年へて更新、ブルーを3年へて更新の計6年間かかってしまうんですねえ。けっこう割引率が高いゴールド免許なのですがやはりとるのは大変ですね。

ゴールド免許を最短で取得する真似できない裏技!

裏技というか一応の表技ですねw

まずはどうやっても6年間かかるゴールド免許。これでは自動車保険のゴールド免許割引を受けるのにもそうとう時間がかかります。

通常のゴールド免許への最短コース

  1. まずは18歳で免許取得。誕生日と同時が望ましいですねw
  2. そして21歳でブルー免許へと更新。
  3. 無事故無違反を最低でも19歳から5年間続けて、24歳でゴールド免許取得!

これが通常の最短コースです。

真似しようがないゴールド免許への裏技!!

ここで条件を確認しましょう。「免許証取得から3年間で更新ということ」「5年間連続無事故無違反」この二つが満たされればゴールド免許となり様々な恩恵、自動車保険の割引やSDカードによる優待をうけられるわけです。

そこで真似しようがない理想のゴールド免許へのモデルケースはこちら。

  1. 16歳で原付の免許をとる。免許書交付、もちろんグリーン免許!
  2. 19歳で免許証の初更新。ブルー免許へと変わります。
  3. そして5年間無事故無違反を貫き21歳でゴールド免許取得!!

 

本当に真似しようがないのですが、もしお子さんが16歳ならぜひ原付の免許をとることをお勧めしますw

車屋が教える自動車保険2台目の契約。等級割引の相場は?

はいどーもオダジマです。一台車を持っていて「もう一台の車」の保険契約をしたい。もう一台申し込むんだから安くなるよね?というのが人間の心理です。

実際保険会社としても、もう一台分保険契約をしてくれるのだから割引が適用されます。それがセカンドカー割引、応用すると使い勝手が非常に良い割引になってますよ〜。

 

セカンドカー割引の適用条件って?

セカンドカー、とってもリッチな響きがする言葉ですがw なにも遊び用の車がなければ使えない割り引きではありません。たとえば「息子が車を買ったから、お父さんの名義で保険をかけておく」なんて家族限定とも相性の良い使い方もできる割り引き特約です。ちなみに遊び用の愛車なら本人限定がおすすめです。

  • 通勤用と遊び用に車を二台持っている
  • 自分の名義で妻の車に保険をかけたい。
  • 子供に車を与えたいが自分の名義で保険をかけたい。

なんてケースでも対応できるのがセカンドカー割り引きですよ。

セカンドカー割り引きの等級割引率相場。

まずセカンドカー割り引きの等級は7等級からのスタートになります。

家族限定の年齢区分と合わせてどのくらいの割引率になるのかというと以下を御覧ください。

セカンドカー割り引きの割引率相場

  • セカンドカー割り引き、家族限定35歳以上適用の場合 40%引き
  • セカンドカー割り引き、家族限定26歳以上適用の場合 40%引き
  • セカンドカー割り引き、家族限定20歳以上適用の場合 11%引き
  • セカンドカー割り引き、家族限定18歳以上適用の場合 11%引き

セカンドカー割り引きがつけれる条件

もちろんこれには一定条件を満たさなければ入ることができません。とはいえそんなに難しい条件ではないので当てはまる場合はぜひ適用しましょう。

  1. 1台目の自動車保険と同じ名義人が2台目の契約すること。
  2. 名義人の自動車保険等級が11等級以上であること。
  3. 一般家庭で使う車種であること。

条件は以上の三つですね。まず1はそのまま、同じ人が2台目の契約してねってことです。2が少しだけ厳しい条件でしょうか。11等級以上であることが必須になります。11等級といえば新規契約から5年経たないと11まで上がりません。車もって三年しかたってないから9等級なんて人はセカンドカー割り引きが使えないのでご注意を。

あとは一般家庭で使う車ならOK。逆に言えば事業所とかで使う車にはセカンドカー割り引きは適用外となります。こちらは家庭用か業務用かでいうと家庭用のみの適用になります。

ちなみにセカンドカー割引でも一括見積もりが便利ですよ。2台持つというのはリッチですが、なにかとお金が掛かるのでしっかり節約しましょう。

あなたの保険が安くなる!オダジマの過去記事!

デミオディーゼルの一括見積もり結果>>>オダジマの愛車の保険料が38,730円安くなりました。
保険相場の調べ方はこちら>>>オダジマの保険相場の調べ方

 

オダジマ家のセカンドカー割り引き。

過去に親父が載ってたセカンドカーの保険が今になって非常に役に立ってくれてます。マジで感謝。

親父の車は軽トラだったんですが、若い時に買ったスポーツカーにも保険をかけていたんですね。その車はもう古くなって泣く泣く処分したのですが、自動車保険だけは中断証明をかけて残してありました。

11等級の自動車保険です。オダジマが大学終わって戻ってきた時にそのセカンドカーにかけてた保険を流用して今の車に保険をかけてます。

セカンドカー割り引きがお得という話だけではなくて、2台持って等級を育てておくと将来家族が車を持つことになった時に等級引き継ぎで相場よりずっとお得に保険に入れるケースがありますよ〜。自動車保険の等級は意識して育てるようにしましょう!

節約のために必ず気をつけたい自動車保険の満期日!?更新手続きのミスで等級が大変なことに!

どーもオダジマです。オダジマ家にも眠ってた保険ってのがあるんですよ。これねえ手違いで等級がパーになっちまったんすわ。

20等級の割引率60%から割引率20%まで落ちることになった事例です。皆さんもお気をつけて!

等級がパー!一体何があった!?

僕が大学から戻ってきたころ、車を買いましてね。
続きを読む

究極の選択。自動車保険は月額分割払い?年額の一括払い?

どーもオダジマです。自動車保険は年額で一括支払いがいいのか?月額で分割支払いがいいのか?みなさんどっちなんでしょう?一度聞いてみたかった議題でもあるんですよ。

 

僕は断然年払い派。

まずはネット系自動車保険会社って年額一押しです。年額じゃないと申し込めないところも多々あります。(もちろろん救済策もありますよ。)

ネット保険がはやりだす中で、早々とネット保険の可能性を見出していた自分としては断然「年払い」押しです。いいですよ年払い。その月はちょっときついですが残りの11ヶ月は保険料の支払い考えなくていいんですから。

>>>ネット系と代理店系の自動車保険の違い

自動車保険の年払いのメリットとデメリット

年払いのメリット

  • 払って厳しいのは1ヶ月だけ!残りの11ヶ月は気にしなくていい
  • 月々払いの手数料がいらなくなる。
  • 毎月の出費が減る。

これらって大きなメリットです。月の支払いが1000円増えただけでも不安になる人にはオススメです。今から月に支払う額と同額を貯金に回せば年払いに対応できますよ!

年払いのデメリット

  • その月は大きな出費にはなる。
  • 一回払うと一年安心という慢心が起こる。

まあこのくらいですかね。保険の更新日に大きな出費はまずいなあという方は以下をどうぞ。

ネット系自動車保険の場合。

そもそも安いところが多いです。代理店系の半額とまでいかずとも3分の2とかまで保険料が抑えられてます。オダジマでさえ「ちょっと頑張って年額で払おうかな!」って気分になるくらいの金額です。

というわけでいっその事、安い保険会社見つけてしまうのも万事解決な案かと思います(無茶かしら?)まあご参考までにどうぞ。

あなたの保険が安くなる!オダジマの過去記事!

デミオディーゼルの一括見積もり結果>>>オダジマの愛車の保険料が38,730円安くなりました。
保険相場の調べ方はこちら>>>オダジマの保険相場の調べ方

ネット系自動車保険は分割はカード払いが多いです。

カードってあるじゃないですか。クレジットカード。あれって利用者個人の信頼度で采配が決まってるじゃないですか。でも自動車保険料の審査ならならちょっとだけゆるい気がしないでもないなと思ってるんですよ。。

月々の分割を選びたい時はカード支払いにする。

これ実際月払いにしたいならカードで払ってねという画面があるのそちらをクリックがいいでしょう。

問題は間違ってカード使用不可になってしまった場合。

僕は最初から言ってる通り、年払い派です。月払いでカードを使ったことは一回もないんですがどうやらこうなってるみたいです。

月払いはカードになるところもあるんですが。保険会社がある程度融通を利かせてくれるんです。

保険会社からカード会社に「このカードの持ち主はちょっとだけどなんとかローン組んでよ」という連絡が保険屋に行くようなんですね。だから「カード使うと限度額不安だなあ」何て人は、とりあえずやってみるのがいいと思います。多分通してくれますんでw

とうわけでカードは自動車保険会社が融通きかせてくれるみたいです。カードを使えるのか不安な人は悩む前にやってみるといいですよ〜。

総評。やっぱり年払いがいいよ。

まずは手数料や金利がかからない点ですよね。節約という観点からはやはり年払いがいいでしょう。いやそんな余裕ないしというかたはぜひカードをおすすめですよ〜。。