はいどーもオダジマです。一台車を持っていて「もう一台の車」の保険契約をしたい。もう一台申し込むんだから安くなるよね?というのが人間の心理です。

実際保険会社としても、もう一台分保険契約をしてくれるのだから割引が適用されます。それがセカンドカー割引、応用すると使い勝手が非常に良い割引になってますよ〜。

 

セカンドカー割引の適用条件って?

セカンドカー、とってもリッチな響きがする言葉ですがw なにも遊び用の車がなければ使えない割り引きではありません。たとえば「息子が車を買ったから、お父さんの名義で保険をかけておく」なんて家族限定とも相性の良い使い方もできる割り引き特約です。ちなみに遊び用の愛車なら本人限定がおすすめです。

  • 通勤用と遊び用に車を二台持っている
  • 自分の名義で妻の車に保険をかけたい。
  • 子供に車を与えたいが自分の名義で保険をかけたい。

なんてケースでも対応できるのがセカンドカー割り引きですよ。

セカンドカー割り引きの等級割引率相場。

まずセカンドカー割り引きの等級は7等級からのスタートになります。

家族限定の年齢区分と合わせてどのくらいの割引率になるのかというと以下を御覧ください。

セカンドカー割り引きの割引率相場

  • セカンドカー割り引き、家族限定35歳以上適用の場合 40%引き
  • セカンドカー割り引き、家族限定26歳以上適用の場合 40%引き
  • セカンドカー割り引き、家族限定20歳以上適用の場合 11%引き
  • セカンドカー割り引き、家族限定18歳以上適用の場合 11%引き

セカンドカー割り引きがつけれる条件

もちろんこれには一定条件を満たさなければ入ることができません。とはいえそんなに難しい条件ではないので当てはまる場合はぜひ適用しましょう。

  1. 1台目の自動車保険と同じ名義人が2台目の契約すること。
  2. 名義人の自動車保険等級が11等級以上であること。
  3. 一般家庭で使う車種であること。

条件は以上の三つですね。まず1はそのまま、同じ人が2台目の契約してねってことです。2が少しだけ厳しい条件でしょうか。11等級以上であることが必須になります。11等級といえば新規契約から5年経たないと11まで上がりません。車もって三年しかたってないから9等級なんて人はセカンドカー割り引きが使えないのでご注意を。

あとは一般家庭で使う車ならOK。逆に言えば事業所とかで使う車にはセカンドカー割り引きは適用外となります。こちらは家庭用か業務用かでいうと家庭用のみの適用になります。

ちなみにセカンドカー割引でも一括見積もりが便利ですよ。2台持つというのはリッチですが、なにかとお金が掛かるのでしっかり節約しましょう。

あなたの保険が安くなる!オダジマの過去記事!

デミオディーゼルの一括見積もり結果>>>オダジマの愛車の保険料が38,730円安くなりました。
保険相場の調べ方はこちら>>>オダジマの保険相場の調べ方

 

オダジマ家のセカンドカー割り引き。

過去に親父が載ってたセカンドカーの保険が今になって非常に役に立ってくれてます。マジで感謝。

親父の車は軽トラだったんですが、若い時に買ったスポーツカーにも保険をかけていたんですね。その車はもう古くなって泣く泣く処分したのですが、自動車保険だけは中断証明をかけて残してありました。

11等級の自動車保険です。オダジマが大学終わって戻ってきた時にそのセカンドカーにかけてた保険を流用して今の車に保険をかけてます。

セカンドカー割り引きがお得という話だけではなくて、2台持って等級を育てておくと将来家族が車を持つことになった時に等級引き継ぎで相場よりずっとお得に保険に入れるケースがありますよ〜。自動車保険の等級は意識して育てるようにしましょう!