割引

自動車保険の年齢限定割引。年齢でどれくらい保険料が変わるのかざっくり相場を出しました。

はいどーもオダジマです。今回は年齢限定について。

当たり前のように年齢30歳以上とか話してましたが、どうも説明してなかったと思いまして記事書いております。

自動車保険の年齢限定とは?

「年齢ごとに保険料を変えよう」という考えのもとに作られた区分になります。これは事故リスクがもとになっている考え方です。たとえば免許取立ての18歳であれば事故率は高そう、逆に50歳のベテランであれば事故率は低いだろうと想定して、保険料を変えているんです。

ちなみにこの区分は、保険会社によって違います。30歳以上までしかない会社もあれば、40代から細かく区分が設けられている保険会社もあります。制度や法律で決められているものではなくて、保険会社が安全運転の人には保険料を安くしたげようという区別のためにあるものです。

とりあえず自動車保険の年齢区分まとめ。

  • 18歳が一番高い。事故リスクが高いから。
  • 歳をとるほど安くなる。運転のベテランになるに連れ事故リスクが減るから。
  • 区分は18歳以上・21歳以上・26歳以上・30歳以上が一般的。(30歳以上の区分は各社によってあったりなかったり。)
  • 本人だけではなくて、家族限定でも年齢区分がある。

ざっくりまとめると以上になります。

では具体的にどのくらい金額が変わるのかを試算してみましょ〜。

実際に年齢ごとの自動車保険料の違いを見積もってみました。

基本設定は以下の通りです。

  • 新規で見積もったので保険等級は6等級
  • 対人対物は無制限。人身傷害は5000万円。
  • 車両保険あり
  • 表示はもちろん年額です。

18歳から31歳までを見積もってます。では見積もり結果をどうぞー。

31歳からの自動車保険料ざっくり相場
31歳の保険相場保険料の試算

26歳から30歳の自動車保険料ざっくり相場

26歳保険相場保険料の試算

21歳から25歳の自動車保険料ざっくり相場
21歳保険相場保険料の試算

18歳から20歳までの自動車保険料ざっくり相場
18歳保険相場保険料の試算

年齢別の見積もり結果

  • 31歳 56,200円(年額)
  • 26歳 64,070円(年額)
  • 21歳 96,190円(年額)
  • 18歳 126670円(年額)

とまあこんな感じになりました。ちなみに家族限定がなぜか外れずに31歳の見積もりは26歳の家族が乗れる設定になってます。なのでもうちょい安くなりそうっすね。

18歳・21歳・26歳までが3万円づつ違います。事故リスクが金額に換算されると3万円の差があるみたいです。

というわけで年齢ごとでこのくらいの差がでます。ちなみに見積もった等級は新規の6等級。ちょいと高めの値段になりましたが、参考になればぜひ〜。

車屋オダジマがすすめる完璧な自動車保険内容。これで相場より安くなりますよ!

はいどーもオダジマです。これなら価格は相場以下にさがるぜーという保険内容を書いていきたいなと思いますよ〜。もちろんただ安い自動車保険にするだけならバンバン補償を外すとそうなるんですが、それってとっても危険です。最低限必要な補償内容は維持しつつ安く上がるためのプランを提案したいなと思いますー。

大まかな流れは以下です。

1、最低限の特約・補償を設定。

2、車両保険はどうするか?

3、安くなる割引の設定(年齢など限定条件)

では一つづつ行きましょう。

1、まずは自動車保険に最低限必要な補償を知ろうぜ!

まあ補償内容なんてわけわからないですよねw自動車保険は車持ってるひとなら確実に入ってるはずなんですが、実際事故に遭った人からこの補償のおかげで助かったんだよねなんて話は滅多に聞けません。そこで車屋の観点からまずはこの分入っておけば確実に安心だろうというラインを説明したいと思います。

・対人賠償責任保険の金額は無制限がオススメ

対人賠償は事故の相手への補償の保険になります。確実に無制限にしましょう。実例なんですが、事故相手が医大生なら最悪のケースでウン千万とかはるかに超えます。無制限にしないと危険ですよ!

・対物賠償責任保険の金額は無制限がオススメ

こちらは対物賠償。文字通り物に対しての補償となります。最低補償金額で500万とかあるみたいですが、保険料は下がっても、もしもの時に足りませんよ。

例えばお店に突っ込んだとしましょうか。店舗改装費用から一通り請求されるので1000万単位になるとおもいます。もっと言えば電柱なんかも非常に高いです。最新の信号機なんかも1000万とかするものもあります。これらを壊してしまった時に備えて対物賠償責任保険は無制限がオススメです。というか危険だから無制限じゃなきゃダメですよ。

・人身傷害保険の金額も無制限がオススメ

この人身傷害保険は対人と同じく人に対する補償なんですが、相手ではなく自分や家族、乗ってた人に対する補償になります。この人身傷害保険は一般的に5000万くらいまでで補償されてることがおおいのですが、無制限がオススメです!

ちょっと怖い話になりますが、8人乗りのバンに8人乗せて自損事故。全員大怪我としましょうか。これって5000万じゃ足りないでしょう。一緒に乗せた人間を守るためにもここも無制限がオススメなんです。気をつけましょう。

2、問題は車両保険をつけるかどうかです。

価格がガッと変わる車両保険。これつけるかどうかは悩みどころです。車両保険に関しては正直やっすい中古車ならいらないんじゃないかなとおもいます。値段でいうと50万以下クラスの中古車あたりは要らないかなあ、と。

この50万以下の中古車ってピンキリではあるんですが、基本2年〜4年くらいしか乗れない価格帯です。車屋の観点からなんですが、次の車検はとおるかな?って中古車は大体この価格50万以下になってることが多いです。

でも新車、または100万越えの中古車は確実に車両保険つけましょうよ。

新車は当然のこと、100万クラスの中古車も車両保険はつけといたほうがいいです。100万円のローンって金利がついて毎月2万円を5年間払い続けてやっと返せるくらい大きな金額です。やっぱりつけたほうが安心ですよ。

あとつけておきたいのは弁護士費用特約とロードアシストでしょうか。この二つはなくてもいい場合もあるので必要なければつけません。

 

3、割引の条件を見ていきましょう!自分に合うものはつけていきます。

まず必須項目。割引率が大きいのはこちらです。

年齢別が一番ケース分けしやすかったので以下の記事カテゴリにまとめております。

カテゴリ>>>年齢別オススメ割引

あとは自分に合うものを見つけていきましょう!

  • ネットで申し込む
  • ペーパーレス割引(ネット申し込みの場合、証書は印刷しないという設定)
  • 新車割引
  • 年齢条件
  • 使用目的の設定
  • セカンドカー割引
  • エコカー割引
  • ゴールド免許割引
  • 年間走行距離の設定

以上の割引はつけれればどんどんつけていきましょう。使わないと損ですよ〜。

ちなみに安い保険会社を見つける方法は以下を御覧ください。マジで安く上がります。

あなたの保険が安くなる!オダジマの過去記事!

デミオディーゼルの一括見積もり結果>>>オダジマの愛車の保険料が38,730円安くなりました。
保険相場の調べ方はこちら>>>オダジマの保険相場の調べ方

内容は完璧!あとは保険会社に申し込むだけです。

これで基本的な設定、つけるべき補償+安くするための割引が決まってきたかなとおもいます。

以上で洗い出した保険内容で、一番安い保険会社に申し込めばOKです。もちろん保険会社によって内容は多少かわりますが、以上の内容で基本的なところはすべて抑えてあります!

「保険会社はどこにしよう?」って悩むのなんてナンセンスです。会社によってロードサービスの拠点数がとか、高い理由がちゃんとあるんですが、保険内容をしっかり煮詰めて申し込めば、正直どれを選んでも一緒です。保険内容をしっかり選定したらあとは一番安いところに申し込んじゃいましょう〜。

車屋がこっそり教える自動車保険の使用目的の項目。家庭用と業務用。

はいどーもオダジマです。毎日コンスタントに更新できてて自分でうれしい限りな気分ですわw

というわけで使用目的。自動車保険の一括見積もりをしてれば思わず手が止まる項目ですよねw 「・・・家庭用だよね」「・・・でも業務用がお得かな?」みたいな考えが一瞬頭をよぎることうけあいです。

正直に選ぶといいよ。業務用・通勤通学・日常レジャー

ここで例をだしましょうか。

僕オダジマは車屋です。毎日代車をだしてはチェックして洗車の日々を送っております。ちょっとした用事もあいてる代車でパッといってきます。もちろん他に乗る人もいるし、毎日不特定多数の人間が運転するのが常です。

例っつうか本当の話ですね。ここでポイントになるのは、不特定多数の人、運転歴や職業に車の使い方まで多種多様な人が乗る可能性があります。

自動車保険を安く上げるコツとして、運転者限定というのがあります。運転手を限定すること(保険名義人本人とか家族しか運転しないよというもの)で保険料が安くあがるんです。

業務用ってこれ実はまっこうからやすくなる理由を潰してるんです。

自動車保険の業務用は高いのさ

まあ考えればそれもそのはずで多くの人間が運転する上に、業務用です。疲れてても楽しくなくても運転しなければいけません。これって事故の確率が一番高いと思いませんか?

業務用が実は高い理由はここにあります。いろいろな人が運転すること、業務として最大1日8時間以上動く車両であること

。それらを踏まえれば、素人目に見ても「事故率たかそうだから保険料高く設定しとかないと・・・。」と想像がつくと思います。

業務用は高い!では通学通勤・日常レジャーは?

自動車保険は業務用→通学通勤→日常レジャーの順にやすくなっていきます。通勤通学は業務用に比べ乗る人間が少なくてすみますが、眠かろうが何だろうが通勤しなけれいけないのが仕事です。

対して一番安いのが日常とレジャーなんですが、聡明な皆様なら想像つきますよね。

日常目的が安いのはそんなに距離を走らない人が多いから。

一世を風靡したソニー損保の走行距離割引。これって実際調べたら走行距離少ない人のほうが多いし、事故率も少ない(乗らないからね^^;)からやすくしようかってのが始まりです。

業務用は高く日常・レジャーが安い理由は、距離をそもそも走らなければ事故率は少ないからということです。正直レジャーったて毎週行くわけじゃありません。レジャー目的で車に乗ることって多くたって月一回くらいじゃないでしょうか。

保険が安くなるポイントを抑えると業務用は論外です。

乗る人が不特定多数、下手するとタクシー並みに距離を乗る。こういうこと踏まえると業務用が高いのは明白です。

 

変に「あとあと経費で・・・。」とかって考えるとろくなことになりません。家庭用なので黙って日常・レジャーを選択しましょう。実際に日常目的になる人のほうが多いですしね。

自動車保険は業務用→通学通勤→日常レジャーの順に日常が一番安くなります。あれこれ考えずに正直に見積もりを打ち込むのがいいですよ〜。

万能割引!安い自動車保険のための運転者家族限定とはなんだ!?

ああどーもオダジマです。毎度どーも。若い人向けの自動車保険でオススメ割引を最近お話してますが、ちょくちょく出てくる家族限定特約。今回は「家族限定」についてのお話です。

万能割引の家族限定特約とはなんだい?

仮に、お父ちゃんの車はお父ちゃんの名義で保険がかかってるとしましょう。本来なら、お父ちゃん本人しか乗っちゃいけないことになっているんですよ!

保険の名義人しか乗れない車なんて不便で仕方ないでしょう?そういうわけで、家族間なら保険が共有できるようにしましょう、というのが家族限定割引なんです。

家族限定ってどこまで家族よ?

ま、家族は家族ですよねー。なんですが細かく定めないとめんどくさくなることが判明したため一定の基準が設けられたんですね、その家族の区分ってのが、保険名義人の配偶者(嫁・夫)と同居してる親族、別居の未婚の子までが家族限定の範囲内です。

めんどくさいかもしれない運転者からみた任意保険の家族限定特約の範囲

「保険名義人の配偶者(嫁・夫)と同居してる親族、別居の未婚の子までが家族限定の範囲」と言われても「あーうん、そうなんだ」ってなるでしょうねえw

ってわけで具体例あげましょうか。

  • 嫁または夫 → ok!家族の範囲内です!
  • 同居中の彼女 → ダメダメ!家族同然でもダメです。
  • 一緒に住んでる兄夫婦 → ok!同居の親族だから大丈夫。
  • 嫁に行った娘 → ダメダメ!結婚かつ別居してますよ!
  • たまにしか帰ってこない大学生の息子 → OK!別居の未婚の子だからOK!
  • じいちゃんの兄貴が車貸せと言ってきた! → ダメダメ!長老格の親族でも同居してないし。

って感じ。この絶妙なラインを堪能していただけたでしょうか?w ややこしいのは内縁の妻とかですかね。長く同居してても結婚してない状態の場合情状酌量的に家族に含まれたりしますが、基本ダメです。

自動車保険18歳を家族限定にするとこんなにメリットがあるんですよー。

メリットありありなんです。例えば、大学生の18歳の息子。初の自動車保険の契約するとしましょうか。すると条件的には以下になります。

  1. 年齢区分は最高値の18〜20歳
  2. 新規契約なので6等級。基本割引率(等級)が低く、保険料が高い

 

となります。自動車保険では最高値をマークしそうな勢いの条件担ってしまうんですね。これをお父さん(52歳、中間管理職)の名義で家族限定にして保険かけましょう。

  1. 50歳以上の年齢区分の保険。(家族限定つけると乗る人の年齢区分再設定があるが、息子の名義での契約よりはるかに安い)
  2. なおかつお父さん(52歳、中間管理職)は事故を起こしたことがないので最大割引の20等級。(お父さん名義なので20等級の割引が基本になります。)

金額で言えば年額で万単位で変わりますよ!家族限定にすることで若い人でも割安で車に保険をかけれるんです。さらにこのお父さんがゴールド免許であれば、ゴールド免許割引も適用になります。お父さんの条件で掛けれる特約を引き継ぐことができるんです。

20代の自動車保険はやはり割高になりがちです。過去記事ではなんとかして安くする方法を解説しております。
「たった10分で自動車保険料が38720円安くなりました!」という記事をごらんください。

家族限定の年齢区分って何さ!?

家族限定を設定するにあたり、具体的に車に乗る家族の最小年齢はいくつか?というのを設定しなければなりません。これは通常の年齢区分と同じく21歳以下、22歳以上、26歳以上、30歳以上〜となります。もちろん低い年亭を設定すると多少金額は上がりますが、19歳本人名義での保険よりは安く上がります。

なおかつ家族限定特約の割引率はいいんですよ!

これが結構いいんです。おそらく保険の金額設定は高めで当たり前なんだと思います。この高めの設定から各種割引をつけやすくしているのじゃないかなと。家族限定なんて大体の家庭でほぼ付けれる特約ですからね。

「保険料高めの設定でごめんね、誰でも入れる家族限定を用意しとくからね」という自動車保険会社のメッセージと受け取りましょう。

 

家族限定の大失敗の例 「別居の既婚の子」の場合。

うちは妹が嫁に行っております。うちの母ちゃんの車を普通に運転してたんですね。これ絶対ダメです。家族限定範囲外になります。別居の未婚の子という範囲から外れてます。

まあ家族には家族なんで気楽に考えがちですが、この辺はマジで要注意ですよ!

家族限定の大失敗の例「別居の親」の場合。

これもダメですね。名義人から見て「同居中の親族および別居の未婚の子供」までですから別居の親とはどこにも書いてないんです。どうしてもという場合は親名義か、運転者を親にしてしまうのがいいでしょう。

 

ちなみに自動車保険家族限定特約で同居の親を入れたい場合は?

これは難しく考える必要ありません。年齢区分は「@@歳以上」となってますから、自分の年齢を設定すれば親も乗れることになります。

オダジマの場合は、「31歳以上」に設定すると58歳の同居の親族である親も乗れることになるんですねー。

 

ちなみに家族限定特約は車両保険はどうなる?

もちろんちゃんとつきます。心配なし。オダジマ家も新車に車両保険つけてます。弟も乗れることになったので慌てて確認しました。

それと車両保険×家族限定の組み合わせで割引率が特別になるということはないようです。もっとも保険料の割引率の計算はとっても複雑なので不明なのですけども。

 

家族限定がどうしてもつけられない場合。

まあこういったケースも無きにしもあらずかなと思います。

例えば、こんな場合。

  • 18歳だけど若いうちから自動車保険の保険の等級育てたい。
  •  35歳未婚、実家が遠すぎて家族限定特約つけても意味ないよ。
  • 50歳既婚、子供ももう家庭を持ってるし嫁とふたりきりだ。

この場合は本人限定割引や夫婦限定割引をつけましょう。この本人限定や夫婦限定は家族限定の上位版とも言える存在です。運転者の範囲をさらに限定しているので家族限定よりも高い割引率を誇ります。

特に18歳とかで自分で自動車保険をつけたいという方はおすすめですよ。

参考記事>>>最強の割引率を誇る本人限定特約

 

もっというと保険会社によって割引率はかなり変わってきます。各社の一括見積もりをすると値段がかなり違うのでやってみる価値はありますよー。

あなたの保険が安くなる!オダジマの過去記事!

デミオディーゼルの一括見積もり結果>>>オダジマの愛車の保険料が38,730円安くなりました。
保険相場の調べ方はこちら>>>オダジマの保険相場の調べ方

 

 

総評!家族限定は何が何でもつけるがよし!

家族限定みたいなほぼ付けれる特約はつけたほうがお得です。安くなるならつけときましょうよ。自分一人しか乗れない車なんて趣味の範囲です。趣味で車を持てる人なんて稀です。

みな必要があって車を買い、ローンを払い、ガゾリン代を払っていると思います。だから大学生の息子の自動車保険なら、親名義にして家族限定でカバーしたほうが本当にお得ですよ〜。

人生を考える年齢!まずは相場を見よう自動車保険はどう考える?26歳、27歳、28歳、29歳、30歳まで!

はいどーも。オダジマです。人生を考える年齢の皆様、自動車保険はどう考えてるでしょうか?ちょっとした指標になれば幸いです。

一般的にこの年齢。人生が大きく動く年齢です。仕事で出世コースに乗りかけてる、結婚間近なんですわ!、まだニートだぜwなどなど。それぞれの人生が固まってきている頃かなと思います。もちろんまだまだ若いからなんでもできると思うけどもw
続きを読む

連載企画 高いよ!どうするの!?18歳・19歳・20歳の自動車保険の相場と安くする道のり。

どーもオダジマです。購入した新型デミオに保険を移し、古い車デミオは20歳の弟に譲ることになりました。でもねえ、これが厄介で20歳の自動車保険ってちょっと高いわけなんです。連載企画としてこの20歳の弟の保険料を下げようと今頑張ってるとこです。
続きを読む