相場

車屋が教える自動車保険2台目の契約。等級割引の相場は?

はいどーもオダジマです。一台車を持っていて「もう一台の車」の保険契約をしたい。もう一台申し込むんだから安くなるよね?というのが人間の心理です。

実際保険会社としても、もう一台分保険契約をしてくれるのだから割引が適用されます。それがセカンドカー割引、応用すると使い勝手が非常に良い割引になってますよ〜。

 

セカンドカー割引の適用条件って?

セカンドカー、とってもリッチな響きがする言葉ですがw なにも遊び用の車がなければ使えない割り引きではありません。たとえば「息子が車を買ったから、お父さんの名義で保険をかけておく」なんて家族限定とも相性の良い使い方もできる割り引き特約です。ちなみに遊び用の愛車なら本人限定がおすすめです。

  • 通勤用と遊び用に車を二台持っている
  • 自分の名義で妻の車に保険をかけたい。
  • 子供に車を与えたいが自分の名義で保険をかけたい。

なんてケースでも対応できるのがセカンドカー割り引きですよ。

セカンドカー割り引きの等級割引率相場。

まずセカンドカー割り引きの等級は7等級からのスタートになります。

家族限定の年齢区分と合わせてどのくらいの割引率になるのかというと以下を御覧ください。

セカンドカー割り引きの割引率相場

  • セカンドカー割り引き、家族限定35歳以上適用の場合 40%引き
  • セカンドカー割り引き、家族限定26歳以上適用の場合 40%引き
  • セカンドカー割り引き、家族限定20歳以上適用の場合 11%引き
  • セカンドカー割り引き、家族限定18歳以上適用の場合 11%引き

セカンドカー割り引きがつけれる条件

もちろんこれには一定条件を満たさなければ入ることができません。とはいえそんなに難しい条件ではないので当てはまる場合はぜひ適用しましょう。

  1. 1台目の自動車保険と同じ名義人が2台目の契約すること。
  2. 名義人の自動車保険等級が11等級以上であること。
  3. 一般家庭で使う車種であること。

条件は以上の三つですね。まず1はそのまま、同じ人が2台目の契約してねってことです。2が少しだけ厳しい条件でしょうか。11等級以上であることが必須になります。11等級といえば新規契約から5年経たないと11まで上がりません。車もって三年しかたってないから9等級なんて人はセカンドカー割り引きが使えないのでご注意を。

あとは一般家庭で使う車ならOK。逆に言えば事業所とかで使う車にはセカンドカー割り引きは適用外となります。こちらは家庭用か業務用かでいうと家庭用のみの適用になります。

ちなみにセカンドカー割引でも一括見積もりが便利ですよ。2台持つというのはリッチですが、なにかとお金が掛かるのでしっかり節約しましょう。

あなたの保険が安くなる!オダジマの過去記事!

デミオディーゼルの一括見積もり結果>>>オダジマの愛車の保険料が38,730円安くなりました。
保険相場の調べ方はこちら>>>オダジマの保険相場の調べ方

 

オダジマ家のセカンドカー割り引き。

過去に親父が載ってたセカンドカーの保険が今になって非常に役に立ってくれてます。マジで感謝。

親父の車は軽トラだったんですが、若い時に買ったスポーツカーにも保険をかけていたんですね。その車はもう古くなって泣く泣く処分したのですが、自動車保険だけは中断証明をかけて残してありました。

11等級の自動車保険です。オダジマが大学終わって戻ってきた時にそのセカンドカーにかけてた保険を流用して今の車に保険をかけてます。

セカンドカー割り引きがお得という話だけではなくて、2台持って等級を育てておくと将来家族が車を持つことになった時に等級引き継ぎで相場よりずっとお得に保険に入れるケースがありますよ〜。自動車保険の等級は意識して育てるようにしましょう!

車屋オダジマがすすめる完璧な自動車保険内容。これで相場より安くなりますよ!

はいどーもオダジマです。これなら価格は相場以下にさがるぜーという保険内容を書いていきたいなと思いますよ〜。もちろんただ安い自動車保険にするだけならバンバン補償を外すとそうなるんですが、それってとっても危険です。最低限必要な補償内容は維持しつつ安く上がるためのプランを提案したいなと思いますー。

大まかな流れは以下です。

1、最低限の特約・補償を設定。

2、車両保険はどうするか?

3、安くなる割引の設定(年齢など限定条件)

では一つづつ行きましょう。

1、まずは自動車保険に最低限必要な補償を知ろうぜ!

まあ補償内容なんてわけわからないですよねw自動車保険は車持ってるひとなら確実に入ってるはずなんですが、実際事故に遭った人からこの補償のおかげで助かったんだよねなんて話は滅多に聞けません。そこで車屋の観点からまずはこの分入っておけば確実に安心だろうというラインを説明したいと思います。

・対人賠償責任保険の金額は無制限がオススメ

対人賠償は事故の相手への補償の保険になります。確実に無制限にしましょう。実例なんですが、事故相手が医大生なら最悪のケースでウン千万とかはるかに超えます。無制限にしないと危険ですよ!

・対物賠償責任保険の金額は無制限がオススメ

こちらは対物賠償。文字通り物に対しての補償となります。最低補償金額で500万とかあるみたいですが、保険料は下がっても、もしもの時に足りませんよ。

例えばお店に突っ込んだとしましょうか。店舗改装費用から一通り請求されるので1000万単位になるとおもいます。もっと言えば電柱なんかも非常に高いです。最新の信号機なんかも1000万とかするものもあります。これらを壊してしまった時に備えて対物賠償責任保険は無制限がオススメです。というか危険だから無制限じゃなきゃダメですよ。

・人身傷害保険の金額も無制限がオススメ

この人身傷害保険は対人と同じく人に対する補償なんですが、相手ではなく自分や家族、乗ってた人に対する補償になります。この人身傷害保険は一般的に5000万くらいまでで補償されてることがおおいのですが、無制限がオススメです!

ちょっと怖い話になりますが、8人乗りのバンに8人乗せて自損事故。全員大怪我としましょうか。これって5000万じゃ足りないでしょう。一緒に乗せた人間を守るためにもここも無制限がオススメなんです。気をつけましょう。

2、問題は車両保険をつけるかどうかです。

価格がガッと変わる車両保険。これつけるかどうかは悩みどころです。車両保険に関しては正直やっすい中古車ならいらないんじゃないかなとおもいます。値段でいうと50万以下クラスの中古車あたりは要らないかなあ、と。

この50万以下の中古車ってピンキリではあるんですが、基本2年〜4年くらいしか乗れない価格帯です。車屋の観点からなんですが、次の車検はとおるかな?って中古車は大体この価格50万以下になってることが多いです。

でも新車、または100万越えの中古車は確実に車両保険つけましょうよ。

新車は当然のこと、100万クラスの中古車も車両保険はつけといたほうがいいです。100万円のローンって金利がついて毎月2万円を5年間払い続けてやっと返せるくらい大きな金額です。やっぱりつけたほうが安心ですよ。

あとつけておきたいのは弁護士費用特約とロードアシストでしょうか。この二つはなくてもいい場合もあるので必要なければつけません。

 

3、割引の条件を見ていきましょう!自分に合うものはつけていきます。

まず必須項目。割引率が大きいのはこちらです。

年齢別が一番ケース分けしやすかったので以下の記事カテゴリにまとめております。

カテゴリ>>>年齢別オススメ割引

あとは自分に合うものを見つけていきましょう!

  • ネットで申し込む
  • ペーパーレス割引(ネット申し込みの場合、証書は印刷しないという設定)
  • 新車割引
  • 年齢条件
  • 使用目的の設定
  • セカンドカー割引
  • エコカー割引
  • ゴールド免許割引
  • 年間走行距離の設定

以上の割引はつけれればどんどんつけていきましょう。使わないと損ですよ〜。

ちなみに安い保険会社を見つける方法は以下を御覧ください。マジで安く上がります。

あなたの保険が安くなる!オダジマの過去記事!

デミオディーゼルの一括見積もり結果>>>オダジマの愛車の保険料が38,730円安くなりました。
保険相場の調べ方はこちら>>>オダジマの保険相場の調べ方

内容は完璧!あとは保険会社に申し込むだけです。

これで基本的な設定、つけるべき補償+安くするための割引が決まってきたかなとおもいます。

以上で洗い出した保険内容で、一番安い保険会社に申し込めばOKです。もちろん保険会社によって内容は多少かわりますが、以上の内容で基本的なところはすべて抑えてあります!

「保険会社はどこにしよう?」って悩むのなんてナンセンスです。会社によってロードサービスの拠点数がとか、高い理由がちゃんとあるんですが、保険内容をしっかり煮詰めて申し込めば、正直どれを選んでも一緒です。保険内容をしっかり選定したらあとは一番安いところに申し込んじゃいましょう〜。