見積もり

ダイレクト・ネット通販系の自動車保険のロードサービスってどうよ?

はーいどーもオダジマです。皆がきになる安心のロードサービズ。転ばぬ先の杖!備えあれば憂いなし!のロードサービスですよ|

ダイレクト系自動車保険のロードサービス

まあ、ダイレクト系に限らないのですが、ロードサービスで超重要なのは、

1、拠点数

2、レッカー移動距離の無料距離

になります。
続きを読む

明日から適用できる自動車保険の加入の仕方とか必要書類とか。

どーもオダジマです。マジで明日から保険適用が可能な自動車保険会社ってあるんですよ。

ちなみに僕も過去に、「中古車を無理言って早めに納車(あわてて前日の夜に保険契約)」「勤め先の車屋で新車購入、社長に直訴してその場で自動車保険の車両移し替え」ってことありましたw どんだけ無計画なんだがw

これ全部ネットの通販型保険なら可能なんですよ。

自動車保険の加入に必要な書類

車検証・運転免許証の二つです。

具体的には 車検証の「車両番号(登録ナンバー)」「車台番号」「初年度登録」あと運転免許証はFAXが必要になります。

次に保険会社を選びましょう。

主なネット契約できるダイレクト型自動車保険会社

ソニー損保・SBI損保・チューリッヒ・三井ダイレクト・アクサ・イーデザイン・そんぽ24・セコム・アメリカンホームダイレクト

正直にどれでも安いです。普通の代理店型に比べれば数万単位で保険料が安い。ですのでどれでもいいのでw 上記のどれかをググッて契約すると最短で保険契約できますw 自分はソニー損保で一晩でいけました。

最安や補償内容を見比べるサービスもあるのでそこを使うのもオススメです。ものの10分で見積もり結果一覧がメールで届きます。どこで契約するか決めるのはそれからでも十分に早いですよ。

あなたの保険が安くなる!オダジマの過去記事!

デミオディーゼルの一括見積もり結果>>>オダジマの愛車の保険料が38,730円安くなりました。
保険相場の調べ方はこちら>>>オダジマの保険相場の調べ方

 

ネットの自動車保険の加入の仕方。

超簡単です。各社のサイトをググったら無料見積もりがあるのでそれをやります。でこの内容で申し込む的なボタンがあるのでそこをクリックすればマジでOK

え?これで俺明日からあの車乗っていいの?保険かかったの?って思うこと間違いなしです。マジで最短ですよ。

こうやって24時間いつでも最短で申し込めるのはネットダイレクト型自動車保険だから。

ネットって超便利です。パソコン一つあれば保険契約なんて10分でできますし、車両入れ替えや補償内容の変更もスマホで一発でできます。しかも安いときた。自動車保険のインターネット割引というのもありますしね。

みなさんスマホとパソコンって当たり前に持ってると思います。これを使うと保険ってすごく簡単にかけれるものなんですよ。近所の自動車保険代理店の営業時間とか調べてる場合じゃないです。直で契約できます。

かくいう自分もあわててネットで契約して、はや3年。こないだは念願の新車の保険をスマホ一発で登録しました。しかも安いわけですから、ネットの便利さを痛感しております。

それと保険料は後払いですよ

あと気になる保険料は後払い。コンビニ払込用紙が来て契約から一ヶ月以内に払えばOKです。申し込んだら保険は効いてて、支払は届いてからでいいんですから。本当に便利ですよ〜。

便利なネット自動車保険をしっかり見積もりしてみる方法を公開しています。細かい方法は、「たった10分で自動車保険料が38720円安くなりました!」という記事をごらんください。

入った記憶ねえぞ!?自動車の自賠責保険とはなんだ!?

はいどーもオダジマです。自賠責保険っておそらく万人が入った記憶ってないんじゃないですかねw まあそれもそのはず。でも大丈夫です。しっかり入ってます。

自賠責保険とはなんだ?

まず自賠責保険って全ての車に加入が義務付けられている保険です。ですので自賠責は車屋が加入手続きやってくれてます。法律上加入が必須なので車が世に出回る段階ですでに加入済みなんです。強制保険と呼ばれてます。
続きを読む

自動車保険をまさかの納車当日に車両入れ替え手続き。いきなりなんですが車買い替えました。

どーもオダジマです。

いきなりなんですが表題の通り車を買い替えました。旧型プレオから新型デミオへ、新車購入なんてもっと先のことだと思ってましたが思い切って購入です。

車を買い替えたら保険ってどうなんの?

最初に行き当たった問題が保険について。保険の証書見るとやっぱりプレオのナンバーに保険が掛かっているんですね。
続きを読む

インズウェブ一括見積もりをやってみた!

 

さてここでは実際に「インズウェブ」で一括見積もりする手順を紹介したいと思います!

インズウェブとは?

 

サイト開設以来700万人が利用したという老舗自動車保険一括見積もりサイト。打ち込んでものの5分で各社の見積もりがリアルタイムでわかるのが最大の特徴です!700万人利用という安心感からこちらを利用いたしました!

まあ打ち込むだけなのでそんなに難しくはないのですが、「ここの保証はどうしよう?」ということもあります。順を追って説明していきますので、サクサク進めましょう。

 

まずは最初にインズウェブのサイトに飛びましょう!「一括見積もりスタート」を押してはじめましょう!

まず最初に車種とか

自動車保険見積もりやり方01

・初年度登録

・メーカー名

・車名

・形式

を入力していきます。形式や初年度登録なんかはパッとでてきませんので車検証を用意しておくのがいいでしょう!

 

次は自動車の走行距離と使用目的を入力

 

自動車保険見積もりやり方02

・現在の保険の加入状況

現在加入している保険の有無について。新車の場合はもちろんなしです。

・主な使用目的

自動車保険には業務用と家庭用の二種あります。社用車じゃないかぎり家庭用を選びましょう。オダジマも家庭用です。

・月の使用日数

田舎の県なのでほぼ毎日使います。15日以上を選択。都会の方は違うんでしょうね。

・予想走行距離

自分は、会社に行くのに往復30キロほど、土日で100キロほど走ります。一週間で30×5=150キロ 土日の100キロで週間250キロ。月で1000以上。遠出なんかもよくするので月15000キロ以上を選択しました。自動車保険の走行距離割引は会社によってまちまちです。ないところもありますしね。一括見積もりをゲットしたら個別に見積もるのがいいでしょう!

・改造の有無

もちろんなしです^^: ちなみに改造している車でも車検通る範囲なら問題ないんじゃないかなと思います。

 

登録ナンバープレートと現在の保険状況を記入

自動車保険見積もりやり方03

・ナンバープレートの情報

実際に自動車があるのか?ってのの確認でナンバーを記入。意外に自分のナンバーって覚えてないもんですんでやはり車検証用意した方いいですね^^;

・現在の保険の加入状況。

今の自分の保険会社や状況を入れていきます。ここで初めて保険証も引っ張り出しました^^;保険会社・保険の開始日・現在のノンフリート等級(普通に自動車保険等級のこと)・事故起こして保険使ってからの年数などなどを入れていきます。

・事故件数

ここでは今までの事故の件数(保険を使ったもの)の数を入れていきます。オダジマはもちろんゼロです!

 

免許証の色と本人情報の入力

自動車保険一括見積もりやり方04

・本人情報の入力

さすがにモザイクかけてます^^; 年齢とか既婚未婚が重要ですね。

・免許書の色

自分はブルーです。ゴールド免許なら安くなるんでしょうねえ。

・保険契約者との続柄

ん?って思う方も多いかもしれません。例えば親が契約して子供が乗るなどそういった場合も対応しているんです。

・免許停止の有無

オダジマはさすがにないですw もしもある方はしっかり入力したほうがいいですね。

・追加する運転者の人数

家族を何人まで含めるか?などです。

 

 

本人情報の入力その2

自動車保険一括見積もりやり方05

・住所や住居形態

本人情報の続きですね。居住形態(持ち家か?)などを入力していきます。

・メールアドレス

ここに自動車保険の各社見積もりリアルタイム試算結果が送られてきますので、適当なアドレスは止めましょう。

 

ここがキモ!インズウェブ自動車保険見積もりの最重要ポイント

自動車保険一括見積もりやり方06

・対人賠償責任保険金額

・対物賠償責任保険金額

これらはやはり無制限にするべきでしょうね。たとえばトラックに突っ込んで積み荷を全額賠償なんてことはよく聞く話。ここをケチると保険の意味がないですね。

・搭乗者障害保険金額

・人身障害保証金額

ここは迷うところです。一千万と三千万で設定しました。たとえば医大に通う大学生と事故を起こし利き手が不自由にさせた!とかなったら多分三千万くらいなんじゃないでしょうか。何が起こるかわからないのが事故なのでやはりここは多めにしましょう。

 

・車両保険金額

オダジマはここ設定しません。車両保険なんてかけても本当にボログルマだからなんですねえ。いやこれ50万するか?みたいなプレオなのでここは置いておきます。ちなみに新車とかならぜひ設定しましょう。

 

・ファミリーバイク特約

原チャがあると便利な特約です。原付のバイクなら一緒に保険かけれる特約です。ちなみに自分は学生の時に親の自動車保険でこれをかけてました。親の自動車保険で、自分の原チャの保証もしてくれるんです。もし原チャに個別に保険かけてるならオススメですよー。

・運転者限定特約

ここがキモ。ここは、本当に、考えうる運転しそうな人間を全てピックアップして、なるべく狭い範囲で限定しましょう。なぜならこの運転者を限定するということが一番割引率が高いんですよっ。うちのカアちゃん運転するかな?と思ったら迷わずさせない方向で限定します。ちなみに運転者限定は、本人・夫婦・家族の順に割引率が高いです。

・運転者条件

これもキモ。年齢制限ってかなり金額変わります。たとえば25歳以下の自動車保険と30歳以上の自動車保険だと倍近いくらいの差が出ます。とにかく高め高めでいきましょう。自分の年齢以下に下げると本当に一気に高くなりますよ!

・保険を選ぶ際の重要視する点。

これも超キモです。自分は価格重視で行きました。ブログのタイトル通りですね。すると価格の安い範囲の保険会社を勝手に見繕ってくれるんです。保証をしっかりさせたいけど本当は一番安いとこにしたいなって時でも価格重視でいきましょう!

 

自動車保険見積もりやり方010

 

 

はい!お疲れ様です。これで見積もりがゲットできます。

見積もりはメールできます。あれです、こちらから見積もり結果をごらんください見たいな感じです。で実際にアクセスすると各社の見積もり結果がダーっと見れます。そこから直接連絡をとるもよし、個別にもう一度見積もるもよしです。いやー本当に便利な世の中になりました。直接販売店をはしごして数字を比べる必要がないんですよ!

実際やって電話番号とか打ち込んだりしましたけども、直接勧誘の電話が来るわけではなかったです。ハガキが多少くるくらいですね。